English Portugues Japanese

2008年04月

2008年04月17日

VULKAN柔術衣新作モデル




VULKANが入荷いたしました!

今回入荷分のモデルより柔術衣の仕様変更がなされました。
見た目はあまり変わっていないのですが、KORAL同様ウォッシュ加工済みとなり洗濯による縮みがほとんど無くなりました。
また、採寸も変わり、今までのモデルは他メーカーに比べワンサイズ程度大きかったのですが、現在のモデルは他メーカーよりも若干小さ目となりました。
洗濯縮みがありませんので、他メーカーの収縮後と同等くらいではないかと思われます。

KORALと比較いたしますとKORALよりも若干小さ目となります。

採寸はこちら
A0サイズ・・・上衣 着丈68cm身幅54cm袖口から袖口141cm袖口幅14.5cm
       ズボン 丈86cm身幅55cm腿幅30cm
A1サイズ・・・上衣 着丈72cm身幅56.5cm袖口から袖口152cm袖口幅15cm
       ズボン 丈89cm身幅56cm腿幅31cm
A2サイズ・・・上衣 着丈73.5cm身幅58cm袖口から袖口157cm袖口幅15cm
       ズボン 丈94cm身幅60cm腿幅33cm
A3サイズ・・・上衣 着丈78cm身幅63cm袖口から袖口168cm袖口幅16cm
       ズボン 丈95.5cm身幅61cm腿幅35.5cm





見た目は今までのモデルとそれほど変わりません。
ウォッシュ加工を意味するPRE SHRUNKの札が付いています。




こちらはズボンになります。
上衣同様見た目はほとんど変わりません。
生地は柔らかくて着心地が良いです。





なんといってもVULKANの持ち味であるのはこの軽さ。A2サイズで1.55kgです。
現在試合で採用されている道着込み計量の際に、減量のある選手にとってかなりのメリットがあります。
また、仕事帰りに練習に行かれる方にとっても、軽いので持ち運びに便利です。
ただし補足として付け加えておかなければならないのは、軽い分生地が薄いので、耐久力もそれなりだという事です。





今回は新作のコンバットショーツも少量入荷しております。




こちらは新シリーズのTシャツサムライモデル。




同じく新シリーズのTシャツCarpaモデル。




新シリーズのノースリーブシャツ黒。




ノースリーブシャツ白。

商品詳細情報はこちらからどうぞ
携帯サイトの方はこちらから

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年04月13日

フーベンス“コブリンヤ”シャーレス

5dbceab4.jpg
■フーベンス“コブリンヤ”シャーレス
 Rubens Charles "Cobrinha"

出身 ブラジル・サンパウロ
身長 165cm
体重 70kg
階級 ペナ級(67kg以下級)
生年月日 1979年1月10日
血液型 
所属 アリアンシ柔術
格闘技歴 ブラジリアン柔術黒帯
       カポエラ メストレ

ブラジリアン柔術統一世界王者。
わずか5年で黒帯世界王者に登りつめた異例の天才柔術家。
2006年に行われた世界選手権コパドムンドでは全試合一本勝ちで優勝、翌週開催された世界選手権ムンジアルでは、決勝戦以外をオール一本。
決勝戦こそ一本勝ちを逃したが、マーシオ・フェイトーザを圧倒的なポイント差で破り、見事統一世界王者に輝いた。

2007年行われたアメリカナショナル選手権では、前々年度王者マリオ・ヘイスや前年度王者フレジソン・パイシャオン、昨年の同階級全米王者でプルーマ級現世会王者ビビアーノ・フェルナンデスが出場する中、見事優勝して真の最強の称号を手に入れた。

その後行われた2007年の柔術世界選手権大会でもほとんどの試合を一本勝ちで勝利を収めぶっちぎりの優勝を果たす。
その模様はこちら

2007年末にはグラップリング世界選手権大会「NOGIムンジアル」に出場し、圧倒的強さで優勝。
その模様はこちら。

2008年にはいってからもその快進撃は続き、1月にアメリカで開催されたグラップリングトーナメントバドワイザーカップの無差別級に出場。
体重差をものともせずオール一本勝ちで優勝
その模様はこちら

その後ブラジリアン柔術アメリカンナショナル選手権パンナムに出場しまたも優勝。
その模様はこちら

さらには勢いにのりブラジリアン柔術世界選手権も優勝。


2009年のムンジアルも優勝し、ホイラー・グレイシーと並ぶブラジリアン柔術世界選手権4連覇を達成。

現在柔術界のパウンドフォーパウンドと目され、今最も注目を浴びる選手です。
コブリンヤのテクニックはこちら


主な戦績
2009年 ブラジリアン柔術世界選手権黒帯ペナ級優勝
    ブラジリアン柔術パンアメリカン選手権黒帯ペナ級優勝
    アブダビプロ柔術ワールドカップ準優勝
    ADCC2009世界選手権準優勝

2008年 ブラジリアン柔術世界選手権黒帯ペナ級優勝
    ブラジリアン柔術パンアメリカン選手権黒帯ペナ級優勝
    ノーギワールド選手権優勝
    ノーギパン選手権優勝
    バドワイザーカップ優勝

2007年 ブラジリアン柔術世界選手権黒帯ペナ級優勝
    ブラジリアン柔術パンアメリカン選手権黒帯ペナ級優勝
     NOGIムンジアル優勝

2006年 ブラジリアン柔術世界選手権黒帯ペナ級優勝
    CBJJOムンジアル黒帯ペナ級優勝
    プロ柔術XGP2006優勝

2005年 インターナショナルアナポリス黒帯ペナ級優勝
    アメリカンゴールデンカップ黒帯ペナ級優勝
                 無差別級準優勝
    コパドムンド黒帯ペナ級優勝
    パウリスタ茶帯ペナ級優勝
    ブラジレイロ茶帯ペナ級優勝
    コパバラォン茶帯無差別級優勝




コブリンヤ、2006年3月名古屋で開催されたプロ柔術Xグランプリを見事優勝。
この頃よりコブリンヤの快進撃は始まる。





コパ・ド・ムンド2006にて、シセロ・コスタ戦。
プロ柔術Xグランプリの決勝で同相手シセロと対戦。その時は苦戦の末アドバンテージ差で辛くも勝利。しかしその3ヵ月後に行われたこの一戦では得意のラペラチョークで因縁の相手シセロから見事1本を奪う。





コパ・ド・ムンド2006にて階級別・無差別級を優勝。
翌週開催されたムンジアルでも見事優勝し、統一王者に輝いた。





2007年ブラジル・サンパウロで開催されたコパ・プレタドーの会場にて、普段から親交のあるボンサイファミリーと。
コブリンヤのほかボンサイ兄弟のマルキーニョス、ホベルト、クリスチアーニ揃って優勝。
黒帯無差別級は決勝にコブリンヤとマルキーニョスが勝ち上がり勝利を分け合った。





コブリンヤ、ADCC・セレチバ・ブラジル予選にて。
ここでまさかの敗退、本戦出場ならず。コブリンヤがここ数年で最も苦杯を舐めた瞬間。





2007年ADCC世界大会にて。
当日会場に他の選手のサポートで来ていたところ急遽スーパーファイトで戦う事に。マルセリーニョのウェアを借りて出場。この試合も難なく一本勝ちで勝利。





マウリシオ・ソウザとの東京での一コマ。





コブリンヤ、ZSTでヤノタクと。5分2ラウンドで極めれなければドローというルールの為、試合内容は圧倒するもドローという結果に。本人はかなり納得がいかない様子だった。





コブリンヤ、ZSTでの一戦を終えた後の記者会見の様子。





普段ではなかなか見られないコブリンヤとマルキーニョスのこんな姿。





二人で大熱唱。ペットボトルがマイクでモップがギターというなんともいえない組み合わせ。





ゲームセンターで太鼓の達人をやる二人。カポエイラで培ったリズム感は通じたでしょうか。





コブリンヤの持ち味といえばなんと言ってもこのカポエイラの動作。
これだけでも十分な価値があります。





最後に先日開催されたパンアメリカン選手権2008にて。
決勝では因縁の相手ブルーノ・フラザトとの接戦をものにする。
かならず接戦をものにする勝負強さもコブリンヤの持ち味の一つです。




コブリンヤの勝利の軌跡はここから始まる。
「ブルテリア プロ柔術X Grand Prix 2006」
購入はコチラから!




コブリンヤのテクニックDVD第二弾!
「コブラ柔術」
コブリンヤの強さの秘密はここにある。
購入はコチラから!




コブリンヤ初の教則DVD!
コパドムンド&ムンジアル&パンナム王者の
脅威のテクニックが満載!
「コブリンヤ柔術」
購入はコチラから!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2008年04月12日

Warrior Wear 入荷しました!

数多くのUFC系ファイターをスポンサードするWARROR WEARが入荷しました!
ファイトウェアやさまざまなモデルのTシャツが入荷しております。

Warrior Wear ファイター




Rich Clementi




Mac Danzig




John Alessio




Houston Alexander




Tim McKenzie




James Irvin




Brock Lesnar




Jaime Jara




Erik Paulson




Matt Grice




Dave Heath




Heath Herring




Gabriel Gonzaga




Tom Speer




Victor Valenzuela




Brock Larson




Melvin Guillard




Terry Martin




Joe Stevenson




Gleison Tibau




Drew McFedries




Jeff Monson




Sean Sherk




Josh Haynes




Fabiano Scherner




Ed Herman




Jens Pulver




Ben Rothwell




Doug Marshall




Tom Murphy




Chris Leben




Brad Imes




Tim Sylvia

Warrior Wearの商品一覧はこちら
携帯からアクセスの方はこちらから

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝

1c2c92a8.jpg■大会名称:SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝
■開催日時:2008年4月25日(金) 17時30分開場 19時00分本戦開始予定
                      ※17時50分頃より『Discovery Fight』開始予定
■開催場所:後楽園ホール(東京都文京区)

■主催:株式会社スマックガール(TEL:03-5360-7728)
■お問合せ:株式会社スマックガール(TEL:03-5360-7728)
■チケット料金:SRS指定席 10,000円 / RS指定席 7,000円 /A指定席 5,000円 / B指定席 3,000円
C指定席 1,500円 (チケットぴあ/ e+(イープラス)の前売のみ限定販売)
           ※当日券 各500円増

■チケット発売所:
チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード 594-760]
e+(イープラス)http://eplus.jp/battle/(パソコンも携帯も同じアドレス)
boutreview http://www.boutreview.com/
後楽園ホール 03-5800-9999
フィットネスショップ水道橋店 03-3265-4646 / 東京イサミ 03-3352-4083
書泉ブックマート 03-3294-0011 / LUTADOR FIGHT 03-3382-3205
※上記販売所にて発売中。

■追加発表決定対戦カード:
□SGS公式ルール ミドル級 5分2R
竹下嘉奈子(和術慧舟會東京本部) VS 中井りん(修斗道場四国)
スマックガール新人女王トーナメント『The Next Cinderella Tournament』2006年ミドル級覇者で、2007年12月26日大会では、同トーナメント2007年度覇者・弁慶との新人女王対決を制した竹下嘉奈子と、2007年9月6日大会でオーストラリアの『XPLOSION』からの刺客、アシャ・ザ・バシァを見事な秒殺一本勝ちで下し、試合後に美しいフォームのバック宙を披露した中井りんが激突! ともに高い極めの技術と、身体能力を誇る両者は、第13回アマチュア修斗選手権(2006年9月)・女子バンタム級決勝戦で対戦しており、その際は竹下が一本勝ちを収めている。
4月3日にアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された"FFF 4 - Call of the World"にて、元スマックガール無差別級女王アマンダ・ブキャナーとパウンド&ヒジ有りルールで対戦し、見事に勝利した現ミドル級女王・端貴代(和術慧舟會東京本部)。その端に敗れミドル級女王の座は明け渡したものの、さらなるレベルアップを図り、WORLD ReMix TOURNAMENT 無差別級に参戦し見事に勝ち上がっている赤野仁美。この日本人2強に続き、ミドル級TOP戦線に名乗りを挙げるのは竹下か? 中井か?

□Discovery Fight SGS公式ルール ミドル級 5分2R
超弁慶(ガムランナック) VS 森藤美樹(T-BLOOD)
スマックガール新人女王トーナメント『The Next Cinderella Tournament』2007年ミドル級優勝の弁慶が、更なるパワーアップを目指し今大会より“超弁慶”と改名。対するは、着実に結果を残している、元祖スマックガール・森藤美樹。毎試合、会場を盛り上げている元気者同士の一戦を制するのは果たして?

■発表済決定対戦カード:
□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 ライト級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
藤井惠(日本/AACC) VS ハム・ソヒ[HAM SEO HEE](韓国/CMA KOREA)

□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 ライト級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
リサ・ワード[LISA WARD](米国/United Fight Team) VS 
アンナ・ミッシェル・タバレス[ANA MICHELLE TAVARES](ブラジル/ノヴァ・ウニオン)

□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 無差別級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
赤野仁美(日本/AACC) VS 調整中

□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 無差別級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
江本敦子(日本/フリー) VS 調整中

□SGS公式ルール -54kg契約 5分2R
WINDY智美(パンクラスism) VS AZUMA(y-park/J-GIRLSバンタム級2位)

□Discovery Fight SGS公式ルール ライト級 5分2R
小寺麻美(REDIPS) VS 長野美香(S−KEEP) 

□Discovery Fight SGS公式ルール ミドル級 5分2R
Megu(空手道禅道会) VS 坂本ひとみ(AACC)

※出場選手は、怪我等の理由により変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2008年04月11日

グラップリングツアー2008レポート

プロフェッショナル アダルト 80kg以下級
この階級注目はなんと言ってもマルキーニョス選手と花澤大介13選手。
当初はエクストリームバルボーザよりマックス・フェルナンデスも出場するとの話しでしたが、今大会の前の週に開催されたHEATに出場した為、今回の出場は流れてしまいました。
エクストリームより代打で出場したのはフェルナンドという柔術紫帯の選手。
なんでも青帯のときにコパドムンドで優勝しており、エクストリームバルボーザ一押しの若手有望株なのだとか。
そしてNBJCからは柔術茶帯で中部で常勝している佐藤選手。

一回戦まずは、マルコス・ソウザVS佐藤信宏。
No title
Powered by PICS


マルキーニョスの試合前のお祈り。イケメンがこれをやると女性ファンのハートを鷲掴みです。

No title
Powered by PICS


試合場に入っていくマルキーニョス。立ち振る舞いが全て凛々しいです。

No title
Powered by PICS


向かい合って、ややマルキーニョス気合が入っている様子。佐藤選手は力んでいる様子もなく普通な感じ。

No title
Powered by PICS


試合開始。手繰りあい。

No title
Powered by PICS


マルキーニョスがアームドラッグですかさずテイクダウン。


No title
Powered by PICS


パスしながらアームトライアングルの体勢に。

No title
Powered by PICS


佐藤選手のハーフからの仕掛けをことごとく潰していくマルキーニョス。

No title
Powered by PICS


白熱したハーフでの攻防が続き、マルキーニョスが足を抜くと佐藤選手すぐさま亀になってパスガードを逃れる。

No title
Powered by PICS


それを逃さずマルキーニョスすばやくバックに付く。

No title
Powered by PICS


フェイスロックからチョークに切り返し佐藤選手からタップを奪う。


対抗枠では花澤大介13VSフェルナンド。



試合開始。




はじまってみれば花澤選手の一方的な展開。見る見るポイントを奪いあっという間にバック。そこから一気にチョーク。
フェルナンド何とか凌いでチョークをはずすしバックからエスケープ。




しかし再度花澤選手がフェルナンドのバックを奪い、こんどはチョークが完璧に入りフェルナンドからタップを奪い花澤選手余裕の勝利。


決勝の組み合わせはマルコス・ソウザVS花澤大介13



迎えた決勝戦、両者1本で勝ち上がり気合十分の様子。マルキーニョスのセコンドにはマウリシオ・ソウザとホベルト・ソウザの姿が。




緊張感ある立ち上がり。




まずマルキーニョスがテイクダウンでポイント先制。花澤選手は転んでもただでは起きない、すぐに腕固めを狙う。
マルキーニョスはポイントをずらして危なげなくはずす。




今度は花澤選手、ハーフガードからのスイープ。マルキーニョスの体が浮く。




スイープが成功しポイントイーブンに。場内がどよめく。




花澤選手硬いトップで、マルキーニョスがいらだっている様子。ムンジアルでのレオジーニョVSマーシオ・フェイトーザ戦の様相。




もつれて再度立ちから。




マルキーニョス、表情を見ると疲れているかと思いきやタックル。花澤選手がぶって切る。しかしマルキーニョス止まらない。再三のタックルからのコンビネーションで、再度テイクダウンを奪う。

その後も更にマルキーニョスの動きは止まらず、さらにテイクダウンでポイントを重ね、タイムアップ。ポイントでマルキーニョスの勝利。いい試合でした。





試合後ちびっこファンに囲まれサインをするマルキーニョス。







優勝 マルコス・ソウザ(BONSAI)
準優勝 花澤大介13(コブラ会)
3位 佐藤信宏(NBJC)
3位 FERNANDO WALEVEIN(エクストリームバルボーザ)



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2008年04月10日

グラップリングツアー2008レポート

エキスパート アダルト 99kg以下級
実質無差別級となったこの階級にはこちらの記事でも紹介したコブリンヤの弟子フアン・カイオ選手とプロシューターでADCCの日本代表にもなったことがある三上洋祐選手、柔術界で大人気!?の岡晃一郎選手、柔術紫帯二木選手が出場し要注目のトーナメント。
岡選手以外は大体80kg位とのことで、岡選手に合わせて98kg以下級に。

20080406 001
Powered by PICS


1回戦まずは、三上洋祐VS岡晃一郎の一戦。

20080406 003
Powered by PICS


岡選手が引き込んでハーフからのスイープ狙い。

20080406 004
Powered by PICS


三上選手安定したトップポジションで、じりじりとパスを狙う。

No title
Powered by PICS


中盤に入り三上選手がパス、マウントのポイントを獲る。
岡選手が戻して、それを三上選手が再度パス、マウントで三上選手に大量にポイントが入っていく。
終わってみれば18-0と大差のポイントで三上選手が勝利。
岡選手全くいいところを出せず、岡VSフアンが見れなくて残念・・・。


対抗枠はフアン・カイオVS二木健太。
フアン選手引き込み二木選手のパス。
フアンはスパーリングのような動きで力が入っていない感じ。
それに対し二木選手のパスの圧力がとても強く、ややピンチな局面も。
No title
Powered by PICS


中盤二木選手をフアンが三角絞めに捕らえる。
No title
Powered by PICS


完璧に入っているかと思われたが、あまりに力が入ってなさすぎで極めきれず。
その後もフアンがバックを捕りかけるも、落とされてしまう。

後半に入りやっとフアンのエンジンがかかってきたようで、立ちから飛びついてローリングしてバックを奪う。
そのままバックチョークで1本を奪いフアンの勝利。



そして決勝は三上洋祐VSフアン・カイオの組み合わせ。




今度はフアン選手ひき込まず、立ちで勝負していく。三上選手も立ちレスが強く白熱した展開。




フアン選手がタックルに行き、三上選手ががぶってタックルを切り、もつれてグラウンドの展開へ。



フアン選手が下からスイープ。今回は序盤からかなりいい動き。




上を取るとコブリンヤ張りの動きですぐさまパス、マウントと奪っていく。




マウントから三角絞めの体勢に入り、三上選手からタップを奪う。

フアン、グラップリングの試合はほとんど経験がなかったとかで、最初は緊張しまくりだったとのこと。終わってみればオール1本で優勝。今度はさらなる強豪との試合が是非見てみたいと思いました。






優勝 フアン・カイオ(BONSAI)
準優勝 三上洋祐(総斗會三村道場)
3位 岡晃一郎(コブラ会イースト大阪)
3位 二木健太(風吹柔術)


プロフェッショナル80kg以下級のレポートはまた明日。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2008年04月06日

グラップリングツアー2008 結果!

20080406 012


2008年4月6日(日)パークアリーナ小牧サブアリーナにおきましてNEXSPORTS主催によるグラップリングツアー2008第一弾大会が開催されました。



プロフェッショナル アダルト 80kg以下級
優勝 マルコス・ソウザ(BONSAI)
準優勝 花澤大介13(コブラ会)
3位 佐藤信宏(NBJC)
3位 FERNANDO WALEVEIN(エクストリームバルボーザ)

エキスパート アダルト 57kg以下級
優勝 橋本真吾(ALIVE)
準優勝 澤田克司(NEX)

エキスパート アダルト 63kg以下級
優勝 Richard "THE MONKY"Nancoo(AACC CANADA)
準優勝 在間淳(NEX)
3位 坂元寛史(NASCER DO SOL)
3位 岩井晃久(チームバルボーザジャパン)

エキスパート アダルト 69kg以下級
優勝 玉澤慶朗(NEX)
準優勝 渡辺智史(総斗會三村道場)
3位 加藤哲人(GSB)
3位 吉川圭太(NEX)

エキスパート アダルト 75kg以下級
優勝 田中慎一郎(GSB)
準優勝 マルロン・メディロス(NEX)
3位 徳弘仙一(ALIVE)
3位 オリベイラ(東海BJJ)

エキスパート アダルト 99kg以下級
優勝 フアン・カイオ(BONSAI)
準優勝 三上洋祐(総斗會三村道場)
3位 岡晃一郎(コブラ会イースト大阪)
3位 二木健太(風吹柔術)

エキスパート シニア 69kg以下級
優勝 福本吉記(クラブバーバリアン)
準優勝 塚本兼之(NEX)

エキスパート 無差別級(女子)
優勝 二宮亜基子(NASCER DO SOL)
準優勝 松本未来(クラブバーバリアン)

アドバンス アダルト 57kg以下級
優勝 前之園哲人(ALIVE)
準優勝 藤沢輝生(ナゴヤファイトクラブ)
3位 青木幹樹(ALIVE)
3位 岩田大介(パラエストラ岐阜)

アドバンス アダルト 63kg以下級
優勝 木内康(NBJC)
準優勝 HIRO YAMANIHA(東海BJJ)
3位 上村和貴(GSB)
3位 河野真寛(チームバルボーザジャパン)

アドバンス アダルト 69kg以下級
優勝 長谷川史(NEX)
準優勝 藤井嵩士(GSB)
3位 橋本健司(ALIVE)
3位 武田雪馬(ALIVE)

アドバンス アダルト 81kg以下級
優勝 森口弘基(風吹柔術)
準優勝 アンデウソン・マルケス(東海BJJ)
3位 エンヒケ・コスタ(エクストリームバルボーザ)

アドバンス アダルト 87kg以下級
優勝 前田誠(総斗會三村道場)
準優勝 古橋一平(NEX)

アドバンス マスター 63kg以下級
優勝 吉村龍明(百萬石)
準優勝 北島祐士(クラブバーバリアン)

アドバンス マスター 75kg以下級
優勝 足立篤宣(GSB)
準優勝 松本博之(NBJC)
3位 及川良介(ALIVE)

アドバンス マスター 81kg以下級
優勝 小林克典(高山総合格闘技TEAM-Y)
準優勝 川口一彦(NEX)

アドバンス 無差別級
優勝 鶴野秀一(福住柔術)
準優勝 古橋一平(NEX)
3位 小林克典(高山総合格闘技TEAM-Y)
3位 小林仁史(百萬石)

ビギナー アダルト 57kg以下級
優勝 HIROKI(高山総合格闘技TEAM-Y)
準優勝 柴田梨緒(NBJC)
3位 小竹康浩(チーム・タイガーホール)
3位 戸田亮輔(ナゴヤファイトクラブ)

ビギナー アダルト 63kg以下級
優勝 松原裕樹(総斗會三村道場)
準優勝 金子将明(高山総合格闘技TEAM-Y)
3位 山際健介(GSB)
3位 松井正行(NBJC)

ビギナー アダルト 69kg以下級
優勝 門脇勝(NASCER DO SOL)
準優勝 山田将大(パラエストラ岐阜)
3位 栗畑勇祐(ナゴヤファイトクラブ)
3位 柴山貴光(福住柔術)

ビギナー アダルト 75kg以下級
優勝 SALUMAN(NEX)
準優勝 柴田香津美(チームバルボーザジャパン)
3位 アベエイジ(エスファイブ)
3位 吉谷次郎(百萬石)

ビギナー アダルト 81kg以下級
優勝 松尾洋治(福住柔術)
準優勝 堀内満宏(総斗會三村道場)

ビギナー マスター 57kg以下級
優勝 木佐木昭(NEX)
準優勝 内山渉(快生堂かるちゃー倶楽部)

ビギナー マスター 63kg以下級
優勝 加藤秀隆(エスファイブ)
準優勝 折戸積英(NBJC)
3位 三谷浩一(GSB)
3位 大野正志(NEX)

ビギナー マスター 75kg以下級
優勝 梅屋豊(GSB)
準優勝 東間健一(アライブイチケン豊橋)

ビギナー 無差別級
優勝 SALUMAN(NEX)
準優勝 藤田幸大(NEX)
3位 松原裕樹(総斗會三村道場)
3位 アベエイジ(エスファイブ)



詳細については後日掲載いたします。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年04月02日

ブラジリアントップチーム入荷!

Brazilian Top Team バナー
Powered by PICS


本日ブラジリアントップチームとブラジリアントップチームのセカンドブランドSHOCKが入荷しました。
今回はラッシュガード、グラップリングショーツ、Tシャツ等が中心です。

Brazilian Top Team ラッシュガード
Powered by PICS


定番品のブラジリアントップチームラッシュガード

Brazilian Top Team グラップリングショーツ
Powered by PICS


ブラジリアントップチームグラップリングショーツ カモグレー

Shock グラップリングショーツ
Powered by PICS


新作のSHOCKグラップリングショーツWaveモデル

Shock グラップリングショーツ
Powered by PICS


新作のSHOCKグラップリングショーツX-Flexモデル

Brazilian Top Team Tシャツ
Powered by PICS


定番品のブラジリアントップチームTシャツ ロゴサークル白

Brazilian Top Team Tシャツ
Powered by PICS


新作のブラジリアントップチーム7周年記念モデルTシャツ

Brazilian Top Team パーカー
Powered by PICS


ブラジリアントップチームパーカー

Brazilian Top Team リュックサック
Powered by PICS


ブラジリアントップチーム&ATAMAのキモノリュック


1f1ceed2.gif
御注文はこちらから
携帯からの御注文はこちら


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト