English Portugues Japanese

2009年05月

2009年05月07日

レオ・サントス (ノヴァウニオン/ブラジル)

7292s-
■レオナルド・サントス
Leonardo Santos
出身 ブラジル/リオ・デ・ジャネイロ
身長 185cm
体重 72kg
階級 レーヴィ級
生年月日 1980年2月5日
血液型 O+
所属 NOVA UNIAO(ノヴァウニオン)
格闘技歴 ブラジリアン柔術黒帯

主なブラジリアン柔術の戦績
93年 ブラジレイロ優勝
94年 ブラジレイロ優勝
95年 ブラジレイロ優勝
96年 ブラジレイロ・ムンジアル・パンアメリカン優勝
97年 ムンジアル優勝
98年 ブラジレイロ・ムンジアル優勝
00年 ムンジアル3位・パンアメリカン優勝
01年 ADCC 77kg以下級3位      
02年 ムンジアル準優勝
03年 コパドムンド・コパドブラジル 優勝
03年 修斗 プロ柔術マッチ 早川光由戦勝利
04年 コパドムンド 準優勝 (決勝同門の為譲る)
04年 コパドブラジル 優勝
04年 ブラックベルトライト級トーナメント優勝
05年 プロ柔術X-プレミアム 杉江“アマゾン”大輔戦勝利

leokimono
2004年に開催されたブラックベルトGPライト級では、レオ・サントス、ダニエル・モラエス、マリオ・ヘイスと3人の現役世界王者に加え、マーシオ・フェイトーザ、フレジソン・パイシャオンの元王者が参戦するなか見事優勝。
名実共に同階級世界最強の称号を得ました。

leokimono2
ブラジリアン柔術では当時軽量級最強の称号を得ていたレオ・サントス。


総合戦績
9戦6勝3敗(1KO/4S)
× 横田一則 5分3R終了 判定1-2 戦極 〜第八陣〜 2009年5月2日
○ ダニーロ・ノローニャ 1R 3:20 肩固め 修斗ブラジル10 2009年1月17日
○ コリー・エドワーズ 1R 1:21 KO(ハイキック) 修斗ブラジル9 2008年11月29日
○ アラン・ロペス 1R 2:10 三角絞め 修斗ブラジル8 2008年8月30日
○ クリスチャン・ロペス 1R 0:40 肩固め 修斗ブラジル7 2008年6月28日
○ ハファエル・バストス 5分3R終了 判定 Mo Team League 2 2007年9月29日
× ジーン・シウバ 1R 0:53 KO(右ストレート) Super Challenge 1【73kgトーナメント 1回戦】 2006年10月7日
○ ガブリエル・モラエス 1R チョークスリーパー Guarafight 3 2006年8月12日
× 五味隆典 5分3R終了 判定0-2 修斗 2002年6月29日

3つの敗戦のうち一つは2002年総合格闘技デビュー戦の修斗五味隆典戦によるもの。2-0と僅差の判定負けながら、総合での適応能力を示しました。

先日の戦極横田戦では、ポジションで圧倒するもスプリット判定負け。本人及び師であるアンドレ・ペデネイラスはこの結果に納得しておらず現在提訴中。

090502_sengoku_24
戦極横田戦。

d99507f14b88a5d9697a-L
戦極試合後のインタビューにて判定に納得がいかないと主張。


7281s-
ちなみにこちらがレオサントス戦極出場を記念して作られたブルテリアTシャツ・レオサントス戦極モデル。

IMG_7274s-
こちらがバック。


レオサントスTシャツのご注文はこちら
BULL TERRIER Tシャツ レオ・サントス戦極入場モデル 白
BULL TERRIER Tシャツ レオ・サントス戦極入場モデル 黒

携帯からのご注文はこちら
BULL TERRIER Tシャツ レオ・サントス戦極入場モデル 白
BULL TERRIER Tシャツ レオ・サントス戦極入場モデル 黒


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
お問い合わせ:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com



2009年05月06日

ワールドプロフェッショナル柔術各階級決勝

5月1日〜2日アラブ首長国連邦アブダビにおいて開催されたワールドプロフェッショナル柔術の各階級決勝の映像がyoutubeに公開されました。


-65kg級決勝
フーベンス“コブリンヤ”シャーレス VS ハファエル・メンデス

途中コブリンヤのズボンが敗れるハプニング!
急遽マイケル・ランギのズボンを借ります。
一進一退の攻防、終盤ポイント4-4アドバンテージ1-0でコブリンヤがリードする中ラスト30秒でハファが逆転スイープに成功。
といっても微妙なポイントでした。見方によってはどちらとも取れる内容。
ムンジアルでの完全決着を見てみたいです。


-75kg級決勝
マルセロ・ガルシア VS マイケル・ランギ

同門なのでフレンドリーマッチかと思いきや、ガチの試合の様です。
一進一退の攻防でポイント、アドバンテージがつかずレフェリー判定に。


-85kg級決勝
ヴィトー・エスティマ VS ターシス・フンフェリー

終始攻めてたのはヴィトー・エスティマでしたが、攻めたが故の敗北という感じでした。


-95kg級決勝
ホドウフォ・ヴィエイラ VS アントニオ・ペイナンド

茶帯ながら最もレベルの高いブラジル予選を勝ち上がったホドウフォ。
強さの秘訣は右組み手でも、左組み手でもいける強烈なパスガードにあるかと思われました(右利きだと思われるのですが、左ベースが左利きかと思うくらい強いです)。


今まで試合時間10分は長いと思っていましたが、このクラスになると6分では短かく、より戦術が重要になってくるように感じました。
ムンジアルがいよいよあと一ヵ月後に迫っていますので、この結果がムンジアルにどう影響するかが気になるところです。



ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
お問い合わせ:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com



2009年05月04日

ワールドプロフェッショナル柔術 試合映像

5月1日〜2日アラブ首長国連邦アブダビにおいて開催されたワールドプロフェッショナル柔術の試合映像が早速youtubeに公開されました。

今回一番の注目を集めた65kg以下級にスポットをあててみました。

まずはハファの一回戦

ハファエル・メンデス VS Remco van Baardewijk
まったく問題なく相手を一蹴するハファ。
テクニカルで力強いです。


そして準々決勝でハファとホビーニョの一戦。

ハファエル・メンデス VS ホブソン・モウラ
ハファと比べるとホビーニョがすごく小さく感じます。
ホビーニョがハファに圧倒されている姿をみて世代交代を感じました。
階級差と思うかもしれませんが、ハファも紫〜茶帯位まではホビーニョと同じプルーマ級で闘っていたことを踏まえると、そうではないと思わされます。


そして対抗枠からコブリンヤ。


フーベンス・コブリンヤ・シャーレス VS マルシオ・リビオ
コブリンヤも余裕の勝利。しかしやや動きに精彩を欠いている感も否めません。


そして準々決勝でコブリンヤとギリェルミの因縁の対決。


フーベンス・コブリンヤ・シャーレス VS ギリェルミ・メンデス
セコンドにいるハファの激も虚しく試合終了間際で極められてしまうギリェルミ。

この後準決勝もコブリンヤ、ハファが勝ち上がり決勝戦ハファVSコブリンヤを衝撃の結末で幕を閉じました。

コブリンヤ、今大会ではスタイルがいつもとやや違うように感じました。
いつもはすぐに引き込んだりしないのですが、やたらと引き込んでいます。
試合時間が短いため、スイープポイントの取り逃げを警戒したのでしょうか。

コブリンヤの敗退は正直とてもショックです。
足掛け4年完全王者で無敗を誇っていたコブリンヤ。
常に一本を狙うスタイル、接戦をかならずものにする勝負強さ、全てが魅力的でした。
しかしついにその牙城が崩れる日が来てしまったのか。ここでもついに世代交代がおきてしまうのか。

今ハファはすごく勢いに乗っていて、このままムンジアルも制してしまうのではないかというほどです。

コブリンヤにはもう一活躍願いたいです。



ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
お問い合わせ:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com



2009年05月03日

ワールドプロフェッショナル柔術2日目速報!

5月1日〜2日アラブ首長国連邦アブダビにおいてワールドプロフェッショナル柔術が開催されました。

今大会では各国において予選が行われ、各地区の優勝者と招待選手にてトーナメントが行われました。

初日までの結果とアジア代表の結果はこちら


-65kg級準決勝
○フーベンス“コブリンヤ”シャーレス 絞め チエゴ・フェルナンデス×
○ハファエル・メンデス ポイント6-0 ヘナート・タヴァレス×

-65kg級決勝
×フーベンス“コブリンヤ”シャーレス ポイント4-6 ハファエル・メンデス○
GMA_9282

コブリンヤついにハファに敗れる!



-75kg級準決勝
○マイケル・ランギ ポイント8-4 クラウジオ・カラザンス×
○マルセロ・ガルシア チョーク ミッシェル・マイア×
※準決勝でマルセリーニョとランギの対戦予定だったが、同門の為組み合わせが変更となったようです。

-75kg級決勝
×マルセロ・ガルシア レフェリー判定 マイケル・ランギ○
GMA_9207
同門の為フレンドリーマッチだった模様。
ポイントもアドバンテージも無く、レフェリー判定によりランギが優勝。



-85kg級準決勝
○ヴィトー・エスティマ ? パウロ・ヒカルド×
○ターシス・フンフェリー ? ズンビ・ララ×

-85kg級決勝
×ヴィトー・エスティマ ポイント0-2 ターシス・フンフェリー○ 
GMA_9666
ターシスが無差別級に続き階級別も制し2冠達成。



-95kg級準決勝
×ブラウリオ・エスティマ アドバンテージ1-2 ホドウフォ・ヴィエイラ○
×ルーシオ・ラガルト ポイント0-4 アントニオ・ペイナンド○


-95kg級決勝
○ホドウフォ・ヴィエイラ アドバンテージ3-0 アントニオ・ペイナンド×

GMA_9422
茶帯のホドウフォ、ブラウリオ・エスティマやペイナンドから僅差のアドバンテージをものにし優勝!
ブラックベルトキラーの称号を得られたホドウフォ、ムンジアルは黒帯で出場するのでしょうか。


+95kg級準決勝
○アレシャンドレ・ソウザ 極め ルーカス・サッチ×
×ベント・ヒベイロ ポイント0-11 ガブリエル・ヴェラ○

+95kg級決勝
×ガブリエル・ヴェラ ポイント2-2アドバンテージ2-1 アレシャンドレ・ソウザ○

GMA_9784
アレシャンドレ・ソウザが優勝。


adccprocamp
各階級優勝者。

コブリンヤの敗退がとにかくショッキングな出来事でした。
しかしコブリンヤVSハファは2勝1敗でコブリンヤがまだ勝ち越しています。
来月に控えるムンジアルの結果が気になるところです。


ちなみにアジア代表としてアマ部門に出場した関根選手、2日目+95kg級に出場し準決勝敗退したようです。




ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
お問い合わせ:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com



2009年05月02日

ワールドプロフェッショナル柔術速報!

5月1日、2日とアラブ首長国連邦アブダビにおいて開催されているワールドプロフェッショナル柔術の結果が現地組より届きました。

まずはアジア代表の結果から。

プロ部門

-65kg以下級アジア代表片庭勝宣(AXIS千葉)
一回戦チエゴ・フェルナンデスに敗退。

-75kg以下級アジア代表ホベルト・ソウザ(ボンサイ柔術)
一回戦黒帯の選手に勝利
二回戦マイケル・ランギ(アリアンシ)に2-0で敗退。

-85kg級アジア代表マックス・フェルナンデス(エクストリーム・バルボーサ)
三回戦敗退

-95kg級アジア代表フアン・カイオ(ボンサイ柔術)
一回戦黒帯の選手に5-0で敗退

+95kg級 永田尚道(MMAコブラ会)
二回戦敗退

アマ部門
無差別級代表 関根秀樹(ボンサイ柔術)
一回戦不戦勝
二回戦腕十字勝利
三回戦米代表の2メートル150kgの選手に7-6で敗退。

+95kg級 関根秀樹(ボンサイ柔術)
現在準決勝進出

ということでプロ部門は全敗です。
といってもそうそうたる出場選手達の中、ホベルト・ソウザいまだ紫帯ながら黒帯の選手から勝利し勝ち上がり、ヨーロッパ&アメリカ王者で世界3位のマイケル・ランギ相手にほとんど僅差のポイントでの敗退。
マックスも茶帯ながら三回戦進出、永田選手も紫帯ながら一回戦を勝利しました。

あとは明日の階級別準決勝をまつ関根選手の結果を待つのみです。


そして現在までの全ての結果


無差別級準決勝
○ブラウリオ・エスティマ 三角絞め マルセロ・ガルシア×
○ターシス・フンフェリー 同門の為不戦勝 ガブリエル・ヴェラ×
マルセリーニョ、まさかの一本負け。

無差別級決勝
○ターシス・フンフェリー 2-2AD2-0 ブラウリオ・エスティマ× 
ターシスが最後の5秒でスイープを決め大逆転勝ち


-65kg級準決勝(明日)
フーベンス“コブリンヤ”シャーレス VS チエゴ・フェルナンデス
ハファエル・メンデス VS ヘナート・タヴァレス

コブリンヤが準々決勝でギリェルミ・メンデスに絞めで一本勝ち、
ハファエル・メンデスがホブソン・モウラにポイント7−4で勝利して勝ち上がっています。

ムンジアルを7回優勝しているホビーニョを倒して勝ち上がったハファ。決勝はハファVSコブリンヤの再戦か!?



-75kg級準決勝(明日)
マルセロ・ガルシア VS マイケル・ランギ
ミッシェル・マイア VS クラウジオ・カラザンス
マルセリーニョとランギが準決勝で同門対決のためどうするのでしょうか。

準決勝進出のマルセリーニョ、無差別級を敗退しているためなんとか勝ち上がりたいところだが・・・。


-85kg級準決勝(明日)
ヴィトー・エスティマ VS パウロ・ヒカルド
ターシス・フンフェリー VS ズンビ・ララ


-95kg級準決勝(明日)
ブラウリオ・エスティマ VS ルーシオ・ラガルト
ホドウフォ・ヴィエイラ VS アントニオ・ペイナンド
ブラジル予選をムンジアル王者ブラガ・ネトを倒して優勝した茶帯のホドウフォ、順調に勝ち上がっています。


-95kg級に出場のファビオ・グージェウも敗退。


+95kg級準決勝(明日)
ガブリエル・ヴェラVSアレシャンドレ・ソウザ
ベント・ヒベイロVSルーカス・サッチ

続きは現地時間の夕方6時から(日本時間の12時位)試合開始です。




ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
お問い合わせ:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com



2009年05月01日

ワールドプロフェッショナル柔術

d688c459.gifいよいよ明日5月2日、アラブ首長国連邦アブダビにおいて、アブダビ主催による初のブラジリアン柔術世界大会、通称アブダビプロが開催されます。

アジア代表は以下の選手
プロ部門
-65kg級 片庭勝宣(AXIS千葉)
-75kg級 ホベルト・ソウザ(ボンサイ柔術)
-85kg級 マックス・フェルナンデス(エクストリーム・バルボーサ)
-95kg級 フアン・カイオ(ボンサイ柔術)
+95kg級 永田尚道(MMAコブラ会)
アマ部門
無差別級 関根秀樹(ボンサイ柔術)


そして、ついに全出場選手が発表されています。

-65kg級
Eliott Bayev
Kataniwa Katsunori
Robson Moura
Guilherme Mendes
Remco Van Baardewijk
Gustavo Pinto
Rubens Charles Cobrinha
Reza Monfaradi
Tiego Fernandes
Bernardo Cruz
Marcio Livio
Renato Tavares
Rafael Mendes

片庭選手が出場する65kg以下級、なんとムンジアル以上の超豪華面子が揃い踏み。
guirafa2009_1
ハファエル&ギリェルミのメンデス兄弟、史上最高記録ムンジアル7回優勝のホビーニョ、現ペナ級絶対王者コブリンヤが出場します。

CobrinhaRafaelMendesIVAN
コブリンヤ、ギリェルミ、ホビーニョのニアミス写真。
とくにコブリンヤとギリェルミは超がつくほど仲が悪いです。こころなしかすでに緊迫感が漂っているように感じます。



-75kg級
Jonathan Willis
Roberto Santoshi
Jacob Mackenzie
Claudio Calasans
Olivar Geddes
Talgat Ilyasov
Marcelinho Garcia
Michael Langhi
Luis Huber
Gibran Salvador
Bruce Tafoya
Morten Josephson
Nic Nikolaisen
Jameel ALi Taylor

そしてホベルト・ソウザが出場する75kg以下級、こちらも超豪華です。
マルセロ・ガルシア、クラウジオ・カラザンス、マイケル・ランギ等が出場。


出国する2週間前の練習中に膝のじん帯を痛めてしまったホベルト・ソウザ、出国日まで膝を曲げることも出来ませんでした。
しかもさすがにこの面子ではどうしようもありません・・・。



-85kg級
Fabio Holanda
Andrew McInes
Max Fernandes
Marcelo Salazar
Gustavo Campos
Eduardo Santoro
Michel Salvadori
Pablo Guimarães
Fabio Moraes
Tarsis Humpreys
Victor Estima
Zumbi Lara
Pedro Bessa
Yazan Mamoon Altamini
Ricardo Oliveira
Pablo Leite
Lubomir Guedjev
Yues Noel
Paulo Ricardo Rodrigues
Zaid Abu Soud
Eduardo Rios
Trond Saksenvik
Edmilson Conceição
Mauricio de Paula

マックス・フェルナンデスが出場する-85kg以下級。
グスタボ・カンポスやターシス・フンフェリー、ヴィトー・エスティマ、エジミウソン・コンセイサォン、ファビオ・オーランダ等が出場。
ここもそうそうたるメンバー。

ここで現地組から朗報が。
-95kg級アジア代表のフアン・カイオが計量したところ体重が85kg以下だったため、急遽-85kg以下級に出場することになりました。


しかし、フアンも95kg級にファビオ・グージェウが出場すると知って急にやる気をなくしてしまい、まったく練習していなかったようです。



-95kg級
Ammar Al Ahmad
Karim Ait Khalifa
Louie Cerqua
Juan Caio Kamezawa
Moacir Oliveira
Rodolfo Vieira
Karin Mosbha
Antoni Peroshi
Braulio Estima
Rafael Lovato Jr.
Fabio Gurgel
Antonio Peinado
Lucio Rodrigues
Lucas Sachs
Bento Ribeiro
Matheus Costa
Francisco Santana

そして95kg以下級にはブラジル予選で世界王者のアントニオ・ブラガ・ネトを倒して優勝したホドウフォ、ブラウリオ・エスティマ、ハファエル・ロバトJR、そしてファビオ・グージェウが出場します。

gugerlcarcaraIVAN
見所はなんといってもファビオ・グージェウ、すでにシニア2かシニア3くらいの年齢だと思いますが、どこまでいけるのか見ものです。


+95kg級
Rodrigo Munduruca
Naomiti Nagata
Alexandre de Souza
Rogent Llorent
Michael Wilson
Marcos de Oliveira
Gabriel Vella
Victor Costa
Amin Touati
Michael Zenga
Arous Abdeslem

永田選手が出場する95kg以下級。
アレシャンドレ・ソウザ、ガブリエル・ヴェラ、ヴィトー・コスタ達が出場します。

どの階級もとても面白そうです。



ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
お問い合わせ:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com