English Portugues Japanese

2013年01月

2013年01月17日

VENUM FIGHT WEAR 柔術衣、帯再入荷しました!


本日、フランス生まれの大人気格闘技ブランド【VENUM】から欠品中の人気柔術衣、帯が多数再入荷しました。


今回の入荷商品はこちら

Gi Absolute Gold weave wt2Gi Absolute Gold weave wt3
【VENUM 柔術衣 Absolute 白】


Gi Absolute Gold weave Blue3Gi Absolute Gold weave Blue2
【VENUM 柔術衣 Absolute 青】


Gi Absolute Gold weave BK2Gi Absolute Gold weave BK3
【VENUM 柔術衣 Absolute 黒】



【VENUM 柔術衣 Competitor 白】。


Gi Competition Single Blue2Gi Competition Single Blue3
【VENUM 柔術衣 Competitor 青】



【VENUM 柔術衣 Competitor 黒】。


Gi Challenger Single wt1Gi Challenger Single wt2
【VENUM 柔術衣 Challenger 白】



帯も各色各サイズが入荷。


Venum柔術衣のご注文はこちらから

スマホサイトはこちらから

携帯サイトをご利用の方はこちら


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト

2013年01月14日

Athlete X ボディコンバット54グローブ、55グローブ等入荷しました!

本日レスミルズのプログラム、ボディコンバットの公式グローブとして使用されるブランド、【Athlete X】から新作MMAグローブ等入荷しました。

今回入荷した新作はこちら

Athlete X MMAグローブ Grafitti Combat ボディコンバット#54


レスミルズのプログラム【ボディコンバット#54】にて使用されたモデルです。

レスミルズ【ボディコンバット#54】PVはこちら



Athlete X MMAグローブ Silver Koru ボディコンバット#55


レスミルズのプログラム【ボディコンバット#55】にて使用されるモデルです。

レスミルズ【ボディコンバット#55】PVはこちら



また、そのほかにも欠品中だった人気グローブも多数再入荷しております。


Athlete Xの商品一覧はこちらから

スマホサイトはこちらから

携帯サイトをご利用の方はこちら


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト
au専用サイト

2013年01月13日

宮田和幸 レスリングマスター、MMAの宝石 長野美香他クエスト新作入荷しました!

本日格闘技と武道のDVD・ビデオの制作しているクエスト社から新作のDVDが入荷しました。

今回入荷した商品はこちら


DVD 宮田和幸 レスリングマスター
内容:
シドニー五輪代表レスラー
宮田和幸が教えるレスリング上達法
日本人離れしたフィジカルと高いスキルで世界と渡り合い、オリンピック代表選手としても活躍した宮田和幸。 タックルから投げ、グラウンドまで、レスリングのあらゆる技術を、基本テクニックから細かな実戦のコツまで丁寧に紹介。
収録内容:
chapter 1 タックル
 両足タックル
 ハイクラッチタックル
 ローシングルタックル
 片足タックル
 くぐりタックル
 斜めからのタックル
 四つからの回り込みタックル
chapter 2 組手
 引き落とし
 ツーオンワン
 手首を持っての引き落とし
chapter 3 投げ
 腰投げ
 大内刈り
 仏壇返し
 反り投げ
chapter 4 がぶり
 がぶりからのバック
 がぶりからの外無双
 振りからのバック
 がぶり返し
 がぶりからのタックル
 がぶりからの朽ち木倒しタックル
 がぶりからのパンケーキ
chapter 5 グラウンド技
 ローリング
 手取りからバック→腕取りローリング
 アンクルホールド
 ネルソン
 腕取り固め
 股裂き
 ワダ・スペシャル
 ローリングの逆転技
 クラッチ
chapter 6 補強運動



MMAの宝石 長野美香 MIKALAND
内容:
美しすぎる女子格闘家として評判を呼ぶ
長野美香選手の闘いを集めた総集編
女子格闘技界の宝石と言われる長野美香。タレント活動中に出会った総合格闘技の世界にはまり、格闘家に転身。美しすぎるルックスでたちまち人気選手となった彼女の、闘いの軌跡を追ったアンソロジー。 素顔に迫ったインタビューもたっぷりと収録した、ファン待望の最新作。
収録内容:
[収録内容]
インタビュー:格闘技を始めたきっかけ/総合格闘技を始める前/プロデビューまで/デビュー戦が決まった時の感想
JEWELS 1st RING 2008.11.16 東京・新宿FACE
vs 石岡沙織
インタビュー:JEWELS旗揚げ戦を終えて
JEWELS 3rd RING 2009.5.16 東京・新宿FACE
vs 深岬パトラ
JEWELS 4th RING 2009.7.11 東京・新木場 1st RING
vs 富田里奈
JEWELS 5th RING 2009.9.13 東京・新宿FACE
vs 富田里奈
インタビュー:腕ひしぎ十字固めについて
JEWELS 6th RING 2009.12.11 東京・新宿FACE
vs 鹿児島陽子
インタビュー:印象に残っている選手
JEWELS 8th RING 2010.5.23 東京・新宿FACE
vs セリーナ
インタビュー:特に印象に残っている選手
JEWELS 9th RING 2010.7.31 東京・新宿FACE
vs 長野美香
インタビュー:得意技クロスアームレインボー
JEWELS 11th RING 2010.12.17 東京・後楽園ホール
vs ハム・ソヒ
インタビュー:試合後の表情について
JEWELS 14th RING 2011.5.14 東京・新木場1stRING 
vs 村田恵実
インタビュー:藤井惠選手について
JEWELS 15th RING 2011.7.9 東京・新宿FACE 
vs 藤井 惠
インタビュー:藤井惠との再戦を終えて
JEWELS 17th RING 2011.12.17 東京・新宿FACE 
vs V.V Mei
JEWELS 18th RING 2012.3.3 東京・新木場1stRING 
vs 藤野恵実
インタビュー:3連敗
JEWELS 19th RING 2012.5.26 大阪・アゼリア大正ホール
vs anna
インタビュー:戦うということ/入場の変化
JEWELS 21th RING 2012.9.22 東京・新木場1stRING 
vs 前澤 智
インタビュー:目標/メッセージ
インタビュー番外編/プライベートに迫る
[映像特典]
STARDOM旗揚げ戦 2011.1.23 東京・新木場 1st RING
vs須佐えり


鳥居智男 インテリジェンス柔道 DVD-BOX
内容:
柔道界指折りの業師として活躍を続けている鳥居智男6段がその技術を大公開! 丸いものを作る。歩くように動く。世界の強豪と闘うために工夫を重ね、磨き続けた技。豊富な指導経験によって培われた伝えるための言葉。鳥居智雄の柔道は独創とヒントにあふれている。自分の柔道を作り上げるために常に新しい技を生み出し続ける鳥居智男のDVD2作品をまとめたお買い得BOX。
収録内容:
[収録項目]
=上巻=
柔道着の持ち方 How to hold
背負投 Seoi Nage
 足運び/引手/引手の筋肉/釣手/打込/双手背負いのまとめ/一本背負/逆一本背負/逆一本背負の引手/背中/低い背負投/投げる方向
体落 Tai Otoshi
 回り込む体落/釣手を離す体落
払腰 Harai Goshi
 回す払腰
内股 Uchi Mata
 2歩で入る内股/1歩で入る内股/回す内股/ケンケン内股
小内刈 Kouchi Gari
 後技の崩し/刈足/飛び込み方/手と足の連動/打込/追いかける小内刈
大内刈 Ouchi Gari
 刈る方の足に体重をかけさせる/刈らない方の足に体重をかけさせる/刈り方/打込/追いかける大内刈
小外刈 Kosoto Gari
 刈る方の足に体重をかけさせる/刈らない方の足に体重をかけさせる/打込/2本の足を刈る
大外刈 Osoto Gari
 釣手/大外返し/大外刈を誘う/打込

=下巻=
足払 Ashi Barai
 送足払/送足払の打込/出足払/燕返/燕返の一人打込
釣込足 Tsurikomi Ashi
 支釣込足/払釣込足
巴投 Tomoenage
 崩し方/座り方/釣手側に投げる/丸を見つける/足を抱える/打込
技のつなぎ(連続技)Linking Techniques
左右の変化 Left and Right Transitions
 背負投→背負投・一本背負/背負投→逆一本背負/背負投→袖釣込腰/小内刈⇔大内刈/小内刈⇔大内刈一人打込/大内刈→大外刈/左右の内股
前後の変化 Front to Back Transitions
 頭を揺さぶる/小内刈→背負投(前技全般)/大内刈→背負投/小外刈→背負投/小外刈→回る技
上下の変化 Up Down Transitions
 高い背負投→低い背負投/内股→体落/内股→巴投
前前の変化 Front - Front Transitions
 支釣込足→背負投/丸の作り方/ケンケン内股→払腰/相四つの引手
組際の技 Broken Grips
 奥襟→背負投/ケンカ四つで引手をとりにいきながら一本背負/組際の大内刈/ケンカ四つで引手をとりに行きながら技をかける
片手からの技 Single Hand Techniques
 引手がとれない場合の小内刈/引手がとれない場合の大内刈・小外刈/背負逆落
連続技応用編 Linking Techniques Practical Applications
 技のつなぎ/打込/技をつなげる際の注意点


Dr.F KOの解剖学 顔面篇
内容:
医師の観点から格闘技を解明するドクターFがKOのメカニズムを丁寧に紹介!
格闘技者のレベルアップに欠かせない様々な運動学を紹介し、大反響を巻き起こした前作に引き続き、Dr.Fが取り上げるのは打撃系格闘技の華・KO。相手をKOするための様々なテクニックを紹介・解説するとともに、パンチドランカー予防法、KO負け後の試合復帰手順を紹介。さらにドクターと親交の厚い一流のアスリート達が自らのKOテクニックを披露。確実に倒すための最強の1枚。
収録内容:
第1章 KOの構造を解析する
 パンチ・蹴りのコースをチェックする
 KOコース習得プログラム
KOとスピード
 スピードをMAXにするプログラム
 チューブでのスピード養成プログラム
 スピードのコントロール
 サプライズ 相手の予想外の攻撃
第2章 格闘技脳
 「瞬間」をとる
 観察力を高める
 ファイブメモリー
 使わない技
 イメージスパーリング
第3章 パンチドランカーの予防
 パンチドランカー予防プログラム
第4章 脳震盪後の競技復帰プロトコル
第5章 一流のKOテクニック
PART.1 野木丈司編
 パンチの衝撃の与え方
 相手が予測しにくいコンビネーション
PART.2 金泰泳編
 倒すハイキックのつくり方
 意識の散らし方
PART.3 グレイシャア亜紀編
 女子の弱点・ボディを攻める
 カラテをキックに生かす
 ウォーミングアップ
 コンディション不良時の戦術
第6章 KO養成サンドバッグ
[特典映像]
オリジナルサウンドトラック「Sheila&Nate」
produced,composed,written,& performed By JOHN BLACKWELL
格闘技医学会とは?


クエストDVDの商品一覧はこちらから

スマホサイトはこちらから

携帯サイトをご利用の方はこちら


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト
au専用サイト

2013年01月11日

香港柔術ライフスタイル9:「2012グァムオープン・グァム編 後篇」

好評だった前回ブログでの、「香港柔術ライフスタイル9 2012グァムオープン・グァム編」の後編のレポートが早速届きました。
今回はクラーク・グレイシーとの決戦、グアムの柔術事情やカーウソン・グレイシー・グアムでの出稽古の模様を公開。
これを読めばグアムでの柔術事情がよくわかり、特にいつか海外での柔術遠征をと考える方には必見の内容となっております。

香港柔術ライフスタイル9:「2012グァムオープン・グァム編 後篇」はこちら

--------------------------------------------------------------------------------------------


どうも、こんにちは。
香港柔術の荒牧誠です。

今回も、前回にひき続き、昨年の12月1日にグァムで行われたグァム・オープンの模様や、
グアムの柔術シーンを御紹介していきたいと思います。

それでは、香港柔術ライフスタイル9:「2012グァムオープン・グァム編 後編」です。

さて、遂ににクラーク・グレイシー選手と、GSPNオープントーナーメントでのスーパーファイトとして、対戦いたしました。



結果から言いますと、クラーク選手の得意技の一つであるアキレス腱固めで、
バッコシと極められての一本負けでした。
おまけに、昨年10月のタイでの試合で、右足の指を怪我したのに続き、
今度は左足首をやってしまいました。
ちなみに左足首は、今も完治せず、なかなかフルのスパーリングができずに、
困っております。涙

展開としては、クラーク選手がまず引き込み、自分がクロス・二―パスを仕掛けたところ、
強烈な足の煽りと袖の引きで、もう一つの彼の得意技であるオモプラッタを狙われます。
何とか大胆に身体を引いてこらえた所、互いに寝たような状態になり、そこからアキレス腱固めに移行されました。
基本的に、足関は形に入ったらタップ、という信条を持つ私ですが、今回は、
もっとこの時間を味わいたいという思いから、何とか耐えます。
パキパキという自分の足首が鳴る音を聞きながら、何とか回転して足を引きぬこうとしますが、
上手く合わせられ抜けず、もう一度捻るように絞られた時に、バキバキという音が鳴ったのと、
強烈な痛みが襲ってきたため、あえなくタップしました。



いやはや、当たり前ですが、クラーク選手は、強かったですね。
彼にとっては、全くメリットのないこの試合を受けて頂き、本当に感謝しています。




その後、クラーク選手と自分は、沢山の方達にサインを求められました。
自分なんかでいいのかな、という感じで恐縮でしたね。
しかし、沢山の子供達から、わーい、みたいな感じで目を輝かせて、
サインと記念写真を求められたのは、素直に感動しました。
嬉しかったですね。

誇張ではなく、グァム滞在中に100人以上にサインさせて頂きました。
ここでは、黒帯の現役選手は、プロスポーツ選手として、しっかりと扱ってくれるということですね。
子供達は、自分がやっている競技のプロ選手や〜、という風に、憧れの対象として、接してくれました。



お恥ずかしながら、サインをしている足元は、しっかりとアイシング中です。
かなり痛かったです。。。



グァムの子供達は、本当にかわいかったですね。
帯やTシャツ、ポスター、道着、帽子にいたるまで、様々なものにサインしました。
英語のサインとおまけで、あえて漢字で誠柔術と書いていたのですが、
これが大人からお子さんまで、非常に大好評でした。
ウォー、格好いい。みたいな感じで、こっちにも書いてくれ〜、と感激して、
どんどん求めてくれましたね。
おかげで一時間くらいずっとサインし続けることになりましたが、本当に嬉しかったですね。
漢字はおススメです。笑



記念撮影に応じるクラーク選手。
絵になる男です。
長身で甘いマスク、モデルのような風貌で、しかも強い、といういかした男です。
後ほど、気さくに、「マコト、俺の道着にサインしてくれ。」と、いきなり声を掛けてくれました。
驚きましたね。
恐縮しつつ、サインさせてもらいました。
そして、自分の道着にもサインを頂きました。
試合後のサッカーのユニフォーム交換みたいで、面白かったですね。



小笠原さんとクラーク選手も記念撮影。



審判を務めていたグァムの若手柔術家達。
白ズボンの彼は、2012年の日本で行われたアジア選手権に参戦して、
紫帯で、優勝したそうです。
皆20代前半と若く、今後の活躍が期待されます。
彼らは、非常にフレンドリーで滞在中、何度か一緒に飲みに行きました。
そこで、柔術の未来について語り合ったと言いたいところですが、実はほぼくだらないバカ話を
してきました。楽しかったですね。
柔術についても語り合ったといえば、そうなのですが、実は、あの選手が・・・、みたいな感じで、
裏話ばかりで、全くここに載せられないのです。
爆笑の嵐ではあったので、残念です。
このような若者達も柔術をやっているという意味でも、未来は明るいですね。

ところで、前編で、有料にも関わらず、400人もの観客がこの日に訪れたと書きましたが、
これは、グァムの柔術熱の高さからというのも、もちろんあると思います。
しかし、それだけではなく、おそらく、グァムの大会は、黎明期よりこのシステムだったのではないでしょうか。
そのために、入場料に関して特に、不満等が噴出することなく現在に至るのかな、と。

僕は、柔術大会で、入場料を徴収するというシステムは良いんじゃないか、と考えています。
そのことによって、大会の質も上がりますし、定期的な開催も可能になり、スポンサー獲得がしやすくなり、選手のモチベーションも上がるのではないでしょうか。
でも、何か凄まじくバッシングされそうなので、自分はそのシステムで開催できなさそうですが。。。

誤解を恐れずにいえば、一回の週末の飲み会で消えてしまうくらいの金額の方が、とても高いですよね。
仲間の応援のため、1000円程の入場料を年に数回くらい払い、
それが自分が普段打ち込んでいる競技の発展になるのであれば、
非常に有意義なことなのではないでしょうか。



さて、写真のように大会も終盤になるにつれ、観客もいなくなり、
周りもダラダラムードになってまいりました。

今まで、良い面を書いてきましたが、その逆の面もありました。

まず、会場に到着したのが、朝9時前で、大会が終了したのは、たしか22時過ぎくらいでした。。。
それというのも、前回書いたように、まあ誰かがなんとかするだろう、何とかなるだろう的な雰囲気に満ち溢れていて、全く試合が進行しなかったり、していたためでした。
これはしんどかったですね。
朝から夜まで、試合を裁きまくった小笠原さんがいなかったら、危なかったですね。

そして、実は、今大会、白帯と青帯の無差別は行われませんでした。。。
白帯と青帯の無差別級が終了していなかったのですが、それについてのアナウンスは何もなく、
また選手側からのそれについての抗議もなし、というか選手全員帰っちゃってる、という状況でした。笑

それと、今回、子供達の試合が、後半に行われたのですが、これもちょっと厳しかったですね。
朝一番で計量し、試合は、夕方7時くらいというのは、子供達にも親御さんにも、負担が大きいように思われました。

これらのことは、僭越ながら、前編で書いたマットの件も含めて、大会後にスタッフの方達に、
今後のための改善点として伝えさせて頂きました。

まあ、しかし、何よりも僕らがレフェリーとして呼ばれた真の理由の方が、恐ろしかったですね。
グァムの方達は、皆さん非常にナイスな人々なのですが、一度熱くなったら大変なのです。

僕らが招聘されるのが決定してから、小笠原さんが、いろいろ調べてくれたのですが、
過去に何度かグァムで行われたトーナメントにて、判定で揉めて、問題があったそうなのです。
そこで、海外から第三者で公平なレフェリーとして、某有名黒帯選手を呼んだらしいのですが、
何とそこでも問題が発生し、その選手が宿泊しているホテルにまで、複数の男達がやってくるという事態にまで、発展。
ドアをガンガン叩かれ、出てこいや〜、的な脅しを掛けられたそうです。
何とか、その方は、無事に帰国したそうですが、その話を聞いた時、ちょっと背筋が凍りましたね。
おいおいおい、聞いてないよ、といった心境でしたね。
(ちなみに、これらの事件については、最後まで触れられることはありませんでした。)

なので、僕等にとっては、スーパーファイトはもちろん重要でしたが、それよりもしっかりと問題が起きないように、レフェリングするということが最大優先事項でした。笑
無事に終わって良かったです。

ちなみに、小さいことで言えば、大会終了30秒前まで、手元にあった自分が持参したレフェリー用リストバンドが盗まれました。
これは、油断しないようにしてただけに、一瞬の隙をつかれた感じでしたね。
先輩である現トライフォース青山代表の石川さんが、かつて2006年のマスター&シニアに参戦した際に、会場のチジューカ・テニス・クルービで、最後の最後で、一瞬目を放した隙に、汗だくの道着を盗まれたことを思いだしました。
お〜、このタイミングで、ここで仕掛けてくるか、みたいな心境でしたね。笑



宿泊先が一緒だったために、ホテルのロビーで会ったヴァンダレイ選手。
気さくに記念撮影に応じてくれました。



打ち上げは、パトリック家の庭で行われました。
ここで振る舞われた料理も、スポンサーの1つであるレストランのケータリングでした。
このような大会の組み立て方は、非常に勉強になりましたね。



翌日は、オフということでのんびりと昼過ぎに起き、昼食へ。
ここに写りこんでいる小笠原さんの黄色のフレームのグラサンが似合っている、似合ってない論争を繰り返し、小笠原さんを傷つけてしまったことを、ここに謝罪します。
やっぱり似合ってますよ。ふっふっふっ。



その後に、ビーチに行きました。



ここで、レンタルパラソル屋のおやっさんが、話しかけてきてくれたんですが、僕らが柔術家と分ると、スイッチが入ったみたいで、大変でした。
結構話が長くて困りましたね。。。
MMAが〜、ホイスが〜、的な感じで、しかも話が一回りしたら、
もう一度初めから話し出すみたいな感じでした。

この写真を見て分るように、撮影者である小笠原さんは、早々に離脱。
この旅で分ったことなのですが、さりげなくその場を離れる天才な男ですよ。
このような状況は、多々ありましたね。



やっとこさ、おやっさんから抜け出し、何で一人だけ置いていくんすか〜、と責め立てても、
遠くを見つめるばかりの小笠原さん。
謝罪しない男ですよ。笑



さてその翌日は、クラーク選手と共に、カーウソン・グレイシー・グァムへ、
出稽古に行ってきました。



ジムの外観。
大きくロゴマークが、貼られておりました。



グァムの柔術ジムには、やはり子供達が沢山いましたね。
素晴らしいことですよ。





せっかくなので、痛めた足首をテーピングで、ガチガチにして自分も参加したのですが、
正直痛すぎて、しんどかったですね。
しかし、直接、グァムの柔術家の皆さんとスパーできて、最高でしたね。



ちなみに、ここでグラーク選手とスパーリングさせてもらったのですが、極められまくりでしたね。
小笠原さんも、クラーク選手とスパーしたのですが、いや〜、強いわ。
と、しきりに感心されてたのと、さらに反省されてたのが印象的でした。
その向上心に改めて、感服いたしました。



練習後に皆さんで。
平日の昼間なのに、結構な数の生徒さんが集まっておりましたね。
こういうところも、グァム柔術界の凄いところです。




この子達が、また可愛いんですよね。
下から二番目の子の表情が、堪りません。



そして、この日も子供達からサインをせがまれました。
非常に嬉しかったですね。



小笠原さんもサイン。
最初は、照れて逃げようとした男を、捕獲いたしました。



最終日。
午前中のフライトだったのですが、わざわざGSPNのスタッフが、
車で空港まで、送って下さいました。

GSPNスタッフの皆さん、パトリックさんには、本当に感謝しています。
ありがとうございました。
GSPN HP Guam Sports Network(英語)

また、今回も小笠原さんのおかげで、最高に充実した旅となりました。
今年もまた様々な所に、ぜひ御一緒したいですね。
ありがとうございます。
ちなみに、小笠原さんは、現在、台湾の台北にある台湾BJJというアカデミーで、
インストラクターをされております。
もし、台湾に行かれる際は、訪れてみてはいかがでしょうか。
Taiwan BJJ HP 台湾BJJ(英語と中国語)

そして、グアムでお世話になった沢山の方々、ありがとうございました。



この子達は、今も僕等の名前が書かれた帯で、練習してくれているのかな?
いつかまたどこかで会えるのかな?
などを、たまに想いますね。

このようなことがあると、いつも真っ直ぐな柔術家でありたいと思います。
今一度、身がひき締まりました。
柔術は、常に新鮮な驚きと、喜びに出会わせてくれますね。
ありがとう、柔術。

それでは、また、お会いしましょう。


荒牧 誠 ARAMAKI,MAKOTO
HKJJ香港柔術 Hong Kong Jiu-Jitsu
HP: http://www.hkjj.com.hk




過去の「香港柔術ライフスタイル」はこちら

香港柔術ライフスタイル9:「2012グァムオープン・グァム編 前篇」

香港柔術ライフスタイル8:「2012バンコクオープン・タイランド編」後編

香港柔術ライフスタイル8:「2012バンコクオープン・タイランド編」前編

香港柔術ライフスタイル7

女子ブラジリアン柔術世界王者ルアナ・アズギエルセミナーIN香港

「香港柔術ライフスタイル6  2011 UNITED JIU-JITSU OF ASIA CUP」 後編

「香港柔術ライフスタイル6  2011 UNITED JIU-JITSU OF ASIA CUP」 前編

「香港柔術ライフスタイル5 Part2」 (後編)

「香港柔術ライフスタイル5 Part2」 (前編)

「香港柔術ライフスタイル5 part1上海〜香港〜東京編 (後篇)」

「香港柔術ライフスタイル5 part1上海〜香港〜東京編」(前編)

香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 2日目 / 荒牧誠

香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 初日 / 荒牧誠

香港柔術ライフスタイル3/荒牧誠

「BJJ Life Style HongKong Part2」 with 荒牧誠

「香港柔術Life Style」

2013年01月09日

香港柔術ライフスタイル9:「2012グァムオープン・グァム編 前篇」

現在香港にて活動中のブラジリアン柔術黒帯にして香港柔術代表の荒牧誠氏より、最新のアジア柔術事情レポートが届きました。
なんと今回はグアムに遠征して荒牧氏がクラーク・グレイシーとスーパーファイトをすることに。
ゲストではヴァンダレイ・シウバも登場し、非常に豪華な内容となっております。

香港柔術ライフスタイル9:「2012グァムオープン・グァム編 前篇」はこちら

--------------------------------------------------------------------------------------------

どうも、こんにちは。
香港柔術の荒牧誠です。

今回は、昨年の12月にグァムで行われた、グァム・オープンの模様や、
グアムの柔術シーンを御紹介していきたいと思います。
私、12月1日(土)にクラーク・グレイシー選手と、グァムの柔術トーナーメントでの
スーパーファイトとして、対戦いたしました。
事の発端は、主催者の方から突然の連絡があり、グァムでのレフェリーの依頼を
受けたことからでした。
黒帯2名のレフェリーを探しているということでしたので、小笠原さんを誘い、
2名で行くことになりましたが、ここから話が右往左往し、最終的には、
ゲストがヴァンダレイ・シウバ選手。
スーパーファイトを何故か、自分とクラーク選手が行う事となりました。

まだ柔術を始めていない頃から、格闘技通信などを読んで、
グレイシーという名前は知っておりました。
やがて、自分が柔術を始めて、いつかこのような状況で、グレイシー一族の選手と、
試合をすることになるとは、まったく想像もしておりませんでした。

ただ単に、巡り会わせの運がほとんどだと思うのですが、やはり嬉しいですね。
試合前に、試合が楽しみという感覚は、今までで初の体験でした。

また、今回自分なりに、体感したグァムの柔術環境や、大会後に行った出稽古の模様などを、
御紹介していこうと思います。

また今回も一回で収まりきらなくなってしまったため、前篇・後編に分け、2回に渡り、
お送りしたいと思います。

それでは、香港柔術ライフスタイル9:「2012グァムオープン・グァム編 前篇」です。




さて、まず今回の旅のパートナーは、台湾BJJインストラクターである小笠原誠選手です。
前回も書いた通り、昨年は、香港・台湾・マカオ・タイ・日本・グアムと様々な試合や場所で、御一緒させて頂きました。


グァムでの宿泊先はP.I.C(パシフィック・アイランド・クラブ)というところでした。
部屋の窓からの眺めが、最高でしたね。
ここは、今回のトーナメントのスポンサーの一つでもあります。


ホテルのロビーに、大会ポスターが貼られておりました。
恥ずかしいので、足早に通り過ぎようとしたところ、小笠原さんに捕獲され、何パターンも写真を撮ることに。。。


こちらは、スポンサーの一つであるレストランです。
このように、様々な場所にポスターが貼られておりました。


会場の前日の模様です。
沢山のバーナーが用意されておりました。


試合前日に開かれた記者会見です。
本格的でしたね。
右から、今大会の主催者のパトリック、ゲストのヴァンダレイ・シウバ選手、クラーク・グレイシー選手、そして小笠原さん。


会場は、グァム大学内のフィールドハウスという施設でした。


ラジオ会社の車です。
見た目だけではなく、この車からも実際にバンバン大音量で番組を流しておりました。
今回の大会の模様を中継しており、スーパーファイトの際は、解説者も陣取り、生でグァム中に放送されたみたいです。



会場入り口です。
ゲートが設置されており、選手はこちらで受付をしてから入場するようになってました。
一般入場者は、何と有料観戦となっておりました!
(大人15USD(約1200円)、子供8USD(約650円))
日本では、あり得ない大会形式ですが、グァムでは当たり前のようです。
柔術の大会に、チームメイト、家族、友人が来られるのは普通ですが、純粋に、試合をみにきてくれている方達も多かったですね。
大会出場者は、約200人だったそうなのですが、観戦者は、約400人だったそうです。
グァム、素晴らしいですね。
これらのことについては、後編で詳しく書きたいと思います。


GSPN(Guam Sports Network)代表にして、今大会の主催者であるパトリック氏。
彼の御蔭で今回、グァムにて、クラーク選手と試合することができました。
GSPNは、ここ一年くらい前にできたウェブサイトを中心にして、様々なグァムのスポーツニュースを
発信している急成長中のマスメデイアです。
ヴァンダレイ・シウバ選手とクラーク・グレイシー選手の招待に始まり、
多大な数のスポンサー獲得。
(自分達が宿泊していたホテル、今回の渡航で使用したUnited Airline、大会中のスタッフの昼食のサブウェイ、記者会見で使用した場所、打ち上げ場所のレストラン、ラジオ会社、グァム銀行、などなど、全て大会スポンサーでした。)
また、わざわざ大会レフェリーのためだけに、海外より黒帯選手を招聘するなど、やり手ぶりをいかんなく発揮しておりました。
(今回の試合当日の写真の一部も、GSPNより使用許可を頂き、掲載いたしました。)


会場内の天井の形は、ピラミッドのようになっており、上からスポンサーや大会バーナーが吊るされておりました。


会場内は、かなり広く、大きなカーテンで半分に仕切っておりましたが、
それでも十分なスペースがありました。
しかし、今回試合場は、三面に区切って進行したのですが、前日に小笠原さんが会場チェックに訪れた際には、何と一面分しかひかれておらず、倉庫に眠るマットを引きずり出して、追加で設置してもらったという経緯がありました。
しかもそれでも二面分しかなく、それを無理やり三面分に仕切って進行していきました。
最低三面分なければ、到底一日で消化できない試合数であるというのを把握しているのに、
スタッフ一同、誰もそれを指摘せず、何となくいけるだろう、的な感じだったみたいです。
この緩やかなグァム人気質のため、試合当日は、大変なことになるのでした。。。


大会メダルです。


こちらは、大会参加者用のTシャツですね。




電光得点板&タイマーが何と3つも設置されておりました。
これには、驚きましたね。


レフェリー用リストバンドに、試合用カラーベルト、そしてスタッフ用の進行表。
というわけで、この規模の大会(約200人規模という意味です。)に対しての設備は、かなりの気合いのいれようで、素晴らしかったですね。


メインレフェリーとして、朝から大会終了まで、ほぼ休みなく試合を裁き続けた小笠原さん。
私的には、大会最高功労者でしたね。
小笠原さんが、レフェリー業務と同時に、様々なアドヴァイスと共に進行を、手伝っていったことにより、何とかその日に大会を終えれたと思われます。
本当に、お疲れ様でした。


そして、今大会のスペシャルゲストであるヴァンダレイ・シウバ選手が来場しました!




MMA&柔術人気の高いグァムでは、ヴァンダレイ選手は、大人気。
非常に会場が盛り上がりました。


奥様と共に、来られたみたいで、ほぼバカンスを楽しみに来たといった感じでしたね。
大会翌日には、軍の施設内にて、セミナーも行ったそうです。

面白かったのが、前日の記者会見の後に、主催者のパトリックが、明日は会場に来て下さい、と告げたところ、シウバ夫妻は、「ああ、問題無いよ」みたいな感じで、対応してたそうなのですが、
その後、ポルトガル語で、奥様が、「ちょっと、あなた、そんなの聞いてないわよ。明日は一緒に過ごすんじゃなかったの。」「いや、、ちょっ、、仕事だからさ。。しょうがないじゃないか。。」的なやりとりをしてたのを小笠原さんが聞いたそうです。(小笠原さんは、ポルトガル語堪能。)
どこの世界も、妻は強しですね。。。

さて、試合が緩やかに、予定やり1時間半〜2時間遅れで遂に始まりました。
各マットで、熱戦が繰り広げられました。












今大会は、スーパーファイト以外では、黒帯の試合は組まれませんでしたが、茶帯
・紫帯の試合は組まれ、それぞれの帯別にて、8選手ほどの選手が参加しておりました。
なので、白帯・青帯の選手の試合がメインとなっておりましたね。
グァムには、5〜10個のアカデミーがあり(聞いた人によって違ったため。。)、黒帯の先生は、10人前後在住してるとのこと。

先ほど、グァムでは、MMAと柔術が人気があると書きましたが、ちょっとニュアンスが違うかもしれません。
なぜなら、認知度や人口に対する競技者数を考えると既に、メジャースポーツの一つだからです。
グァムの人口は、約15万人。
(ちなみに、年間観光客数は数百万人で、そのほとんどが日本人です。)
グァムでの正確な柔術競技者数は分りませんが、人口比で考えた場合に、明らかに他のどの国・地域よりも、柔術競技者数は、高いでしょう。
なので、家族や友人で柔術家がいるという方は、もちろん多いいですし、身内でやっていなくても、
何らかの形で、柔術関係者にたどり着くといった感じでしょうか。

その証拠に、グァム滞在中に、空港、ホテル、レストラン、ビーチ、バー、路上とあらゆる場所で、
小笠原さんと自分は、いろんな方に声を掛けられました。(風貌と着ている柔術Tシャツなどのため。)
柔術をやっている方、友人がやっている方、やっていないが知っている方と様々でしたが、
ほぼ皆さん大会のことを知っていて、「お〜、君を知っているよ。(ポスターやサイトを見て。)」
と言って下さったり、「週末の大会出たか?グレイシーが試合出たらしいが、見たか?」など聞かれましたね。
そこで、「僕がスーパーファイトで、対戦したんですよ。」と言うと、
おお〜、マスター!といって、握手を求められたりしましたね。

グァムの方達は、非常にフレンドリーで気さくな方が多いいのですが、柔術の黒帯だと知ると、
さらに尊敬を持って接して下さったのが、非常に印象深いです。

空港のイミグレのパスポートチェックの時に、お前柔術家か?、何、今回試合でグレイシーと対戦するのか。頑張って下さい!!と言ってくる地域は、グァムぐらいでしょう。






子供の試合も数多く行われました。
非常に、キッズ柔術家が、多かったですね。
以前も書いたと思いますが、子供の競技人口が多いいことが、そのスポーツが発展していく
重要な必要要因ですので、グァムの柔術の未来は、明るいですね。

やはり、すぐ周りでやっている大人や子供が多いいというのは、子供を持っている親御さん達に対するアピールが、非常に強いですね。
やはり、通常、お子さんに右も左も分からないものは、始めさせませんからね。

日本で当てはめると、空手や柔道を超えて、僕が受けた印象で言うと、サッカー・野球・バスケの枠に、選択として柔術があるくらいに、自然に親御さんが子供に、習い事を始めさせているといったところでしょうか。

こういった部分は、本当に羨ましいですね。
人口の差や、MMAなどのハードなスポーツを受け入れる土壌があった上での柔術人気など、その他様々な理由があるため、単純に比較することは難しいですが。

さて、長くなりましたので続きは次回へ。
後編は、クラーク・グレイシー選手との試合や、カーウソン・グレイシー・グァムに出稽古に行かさせてもらった様子などをお送りしたいと思います。

それでは。



荒牧 誠 ARAMAKI,MAKOTO
HKJJ香港柔術 Hong Kong Jiu-Jitsu
HP: http://www.hkjj.com.hk




過去の「香港柔術ライフスタイル」はこちら

香港柔術ライフスタイル8:「2012バンコクオープン・タイランド編」後編

香港柔術ライフスタイル8:「2012バンコクオープン・タイランド編」前編

香港柔術ライフスタイル7

女子ブラジリアン柔術世界王者ルアナ・アズギエルセミナーIN香港

「香港柔術ライフスタイル6  2011 UNITED JIU-JITSU OF ASIA CUP」 後編

「香港柔術ライフスタイル6  2011 UNITED JIU-JITSU OF ASIA CUP」 前編

「香港柔術ライフスタイル5 Part2」 (後編)

「香港柔術ライフスタイル5 Part2」 (前編)

「香港柔術ライフスタイル5 part1上海〜香港〜東京編 (後篇)」

「香港柔術ライフスタイル5 part1上海〜香港〜東京編」(前編)

香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 2日目 / 荒牧誠

香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 初日 / 荒牧誠

香港柔術ライフスタイル3/荒牧誠

「BJJ Life Style HongKong Part2」 with 荒牧誠

「香港柔術Life Style」


2013年01月07日

【DVD】マスターリング・ザ・ツイスターbyエディ・ブラボー 入荷しました!

ジャン・ジャック・マチャドの弟子であり、柔軟な体を生かしたラバー・ガードの生みの親であるグラップリング界の第一人者といっても過言ではないエディ・ブラボーからザ・ラバーガードに続く新作のDVDがリリースされました。

今回入荷したエディ・ブラボーの新作はこちら


商品名:マスターリング・ザ・ツイスターbyエディ・ブラボー Mastering the Twister by Eddie Bravo
種類:DVD
メーカー:Sixdigits Production
枚数:5枚組
収録時間:180分
リージョン:NTSC
メーカーからの商品説明:稀代のファイターエディ・ブラボーによるMMAや柔術の為の究極のサブミッション【ザ・ツイスター】
エディはADCC2003で柔術レジェンド、ホイラー・グレイシーから勝利し一躍時の人となりました。
当時茶帯だったエディが、これまでタップしたことのないホイラーから生涯初の一本を取ったということで、そのエディの技術に注目が集まりました。
その後ツイスターの威力を恐れた伝統的な柔術連盟ではツイスターを公式試合で禁止のルールを設けました。しかし、MMAでは使用可能です。
そして、その間もエディはツイスターを発展させていきさらなる進化を遂げていきました。
それはあらゆるレベルのコンペティションにおいて非常に役立つ技術となっています。
あなたの技術にこのツイスターを追加すればさらに美しく、さらに効果的なサブミッションのシステムをあなたのゲームに構築されます。

収録内容:
Intro/ Twister history
Theory on dead zones
Twister side control basics (bicep crush, fish net)
Ninja roll
The GoKor
The Wrestler (ankle control/DeSouza control)
The Muffle
The Dodge
The Hog Tie
Pry Bar
The Wildbeast
Baby Arm
Twist Tri
Inverted Kimura
The Darce
The Bermuda Triangle
Tip toe mount
The Gallop
Deja Vu
Calf Crank
Kamikaze Calf Crank
Crotch Ripper
Banana Split
The Ramey
The Snatch
Iron Palm Strike/Bolt Cutter
The Scissors
Wrist Lock
Final 3 Steps
Def Con 4
Swedish Twister
The Recycler to the Doerksen
Intro to the back
Back Control Basics
Conda Switch to Iron Sheik
Dan Severn
The Back Widow
The Swim Move
Intro to the Mount
Skydive to Head and Armpit Control to Arm Triangle to Caterpillar
The Impaler/The Chimp
Slow Triangle
Slow Armbar to Slow Americana to Slow Inverted Armbar
The Fire to the Flame
The Bustamante
Ameri-Spider
The Samurai
The Monkey Mount
Smashing Choke/Smashing Web
Arm Crush
Douche Bag
The Ford
The Chevy
4x4
The Baby Wipe
The Judo Twister
And Bonus features

PVはこちら



DVD マスターリング・ザ・ツイスター エディ・ブラボーのご注文はこちらから

スマホサイトはこちらから

携帯サイトからのアクセスはこちら


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト


2013年01月06日

【DVD】ルーカス・レプリ チャンピオンシップ・パスガード 2枚組 入荷しました!


本日アメリカのブラジリアン柔術教則DVD制作会社Digitsuからアブマー・バルボーザ「柔術アウトロー」に次ぐ新作DVD、ルーカス・レプリ チャンピオンシップ・パスガード が入荷しました。


「DVD ルーカス・レプリ チャンピオンシップ・パスガード 2枚組」の内容はこちら


商品名:DVD ルーカス・レプリ チャンピオンシップ・パスガード Lucas Lepri Championship Guard Passing
種類:DVD
メーカー:Digitsu
枚数:2枚組
収録時間:180分
リージョン:NTSC
商品紹介:ムンジアル王者ルーカス・レプリのパスガードに特化したブラジリアン柔術教則DVD。
昨今のコンペティションで駆使されているデラヒーバガード、リバースデラヒーバ、ベリンボーロ、Xガード、スパイダーガード等近代的ガードに焦点を当て、ルーカス・レプリが実際に大会で使用し証明しているパスガードを数多く紹介。
以下メーカーからの紹介文
MUNDIALチャンピオン、ルーカス・レプリがあらゆる近代的ガードを支配し、あなたのゲームをステップアップする方法を教えます!
あなたは、一対一の観点からすべてのテクニックを見ていきます。
2ディスクで約3時間にわたる専門家のレッスンを受講することができます。それはまるで、ルーカス自身からプライベートレッスンを受けているような感覚です!
「ルーカス・レプリは現在最もダイナミックでクリエイティブな選手です。彼の教え方は非常にスムーズで覚えやすい、本当の柔術を学ぶことに興味がある人々にお勧めです。」 - マスター・ホメロ“ジャカレ”カバウカンチ
「アリアンシ柔術は最高の選手を育成するトレーニングシステムをもっていると証明されています。ルーカス・レプリはその証明例の一人であり、われわれのチームの中で完璧かつ普遍的な技術を持ち、私のお気に入りの選手です。」ファビオ・グージェウ
「ルーカス・レプリについて語ることは私にとっての喜びです。私は彼のような非常に多くのスキルを持った選手を見たことがありません。私は彼の試合を見ることが非常に好きです。彼は私がこれまで練習してきた中でも最も完璧なアスリートの一人です。」フーベンス・シャーレス“コブリンヤ”

収録内容:

Disc 1
バタフライガード、クロスガード、デラヒーバガードに対するパスガード Passing Butterfly, Closed and De La Riva Guards
Butterfly Guard Pass
Butterfly Guard Hip Drag Pass
Closed Guard Pass
DLR Guard Leg Smash Pass
DLR Guard Long Step Pass
DLR Guard Knee Slice Pass to Mount
DLR Guard Knee Smash Pass Variation
DLR Guard Knee Smash Pass Variation #2
DLR Guard Pass To Choke
DLR Guard Pass to Arm Trap
DLR Guard Pass to Keylock
Berimbolo Counter to Leg Drag
DLR Guard Single Leg Underhook Pass
DLR Guard Long Sweep Counter to Pass

Disc 2
ハーフガード、リバースデラヒーバ、スパイダーガード、Xガードに対するパスガード Half, Reverse De La Riva, Spider and X Guards
Half Guard Pass #1
Deep Half Guard Pass #1
Deep Half Guard Pass #2
Reverse DLR Guard Pass #1
Reverse DLR Guard Pass #2
Reverse DLR Guard Pass #3
Spider Guard Pass #1
Spider Guard with Lasso Grip Pass #1
Spider Guard with Lasso Grip Pass #2
Spider Guard Dump Pass to Bread Cutter Choke
Collar Bicep Spider Guard Pass
X-Guard Back Step Pass
X-Guard Sprawl Pass
X-Guard Hip Forward

プレヴューはこちら


DVD ルーカス・レプリ チャンピオンシップ・パスガード 2枚組のご注文はこちらから

スマホサイトはこちらから

携帯サイトからのアクセスはこちら


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト

2013年01月05日

【DVD】World Jiu-Jitsu 2012 ブラジリアン柔術世界選手権 入荷しました!


昨年末より予約受付しておりました新作「DVD World Jiu-Jitsu 2012 ブラジリアン柔術世界選手権 コンプリートセット」が本日入荷しました!

ご予約頂いておりましたお客様には本日より随時発送しておりますので、商品のご到着まで今しばらくお待ちください。


「DVD World Jiu-Jitsu 2012 ブラジリアン柔術世界選手権 コンプリートセット」の内容はこちら。


「DVD World Jiu-Jitsu 2012 ブラジリアン柔術世界選手権 コンプリートセット」

種類:DVD
メーカー:CRYO Production
枚数:5枚組
収録時間:
リージョン:フリーリージョン

収録内容:
2011年5月31日〜6月3日アメリカ・カリフォルニア・ロングビーチにて開催されたブラジリアン柔術世界選手権大会ムンジアル2012の黒帯の各試合が収録されたDVDです。

収録試合:

Disc 1

黒帯 各階級決勝
Rooster - Bruno Malfacine vs Caio Terra
Light Feather - Laercio Fernandes vs Guilherme Mendes
Feather - Rafael Mendes vs Rubens Charles
Light - Lucas Lepri vs Leandro Lo Nascimento
Middle - Otavio Sousa vs Claudio Calasans
Medium Heavy - Diogo Araujo vs Romulo Barral
Heavy - Alexandre Ribeiro vs Rodolfo Vieira
Super Heavy - Bernardo Faria vs Leonardo Nogueira
Ultra Heavy - Marcus Almeida vs Leonardo Leite
Open Class - Leonardo Nogueira vs Marcus Almeida

女子黒帯 各階級決勝
Light Feather - Miriam Cardoso vs Leticia Ribeiro
Feather - Marina Ribeiro vs Michelle Nicolini
Light - Beatriz Mesquita vs Luiza Monteiro
Middle - Luanna Alzuguir vs Vanessa Nascimento
Medium Heavy - Fernanda Mazzelli vs Penny Thomas
Heavy - Tammy Griego vs Gabrielle Garcia
Open Class - Gabrielle Garcia vs Luiza Monteiro

Disc 2

男子 ルースター

準々決勝
Bruno Malfacine vs Joao Hiroshi
Caio Terra vs Brandon Mullins
Felipe Costa vs Koji Shibamoto
Milton Bastos vs Rafael Freitas

準決勝
Rafael Freitas vs Bruno Malfacine
Felipe Costa vs Caio Terra (Gentlemen's Agreement)

男子 ライトフェザー

準々決勝
Carlos Holanda vs Ary Farias
Gabriel Wilcox vs Pablo Silva
Henrique Rezende vs Guilherme Mendes
Laercio Fernandes vs Samuel Braga

準決勝
Laercio Fernandes vs Ary Farias
Pablo Silva vs Guilherme Mendes

男子 フェザー

準々決勝
Mario Reis vs Marcelino Freitas
Osvaldo Moizinho vs Leonardo Saggioro
Rafael Mendes vs Takayuki Koyama
Rubens Charles vs Eduardo Ramos

準決勝
Rafael Mendes vs Mario Reis
Rubens Charles vs Leonardo Saggioro

男子 ライト

準々決勝
Jonathan Torres vs Roberto Satoshi
Renen Borges vs Lucas Lepri
Rodrigo Caporal vs Leandro Lo Nascimento
Vinicius Marinho vs Thiago Abreu

準決勝
Leonardo Lo Nascimento vs Roberto Satoshi
Lucas Lepri vs Thiago Abreu

男子 ミドル

準々決勝
Claudio Calasans vs Alan Nascimento
Lucas Leite vs Daniel Garcia
Victor Estima vs Diego Borges
Kron Gracie (injury) vs Otavio Sousa

準決勝
Claudio Calasans vs Victor Estima
Lucas Leite vs Otavio Sousa


Disc 3

男子 ミディアムヘビー

準々決勝
Diogo Araujo vs Eduardo Santoro
Ian McPherson Rodrigo Pinheiro
Rafael Lovato Jr vs Dimitrius Souza
Romulo Barral vs Diego Hertzog

準決勝
Rodrigo Pinheiro vs Diogo Araujo
Romulo Barral vs Rafael Lovato Jr

男子 ヘビー

準々決勝
Fabiano Souza vs Rodolfo Vieira
Roberto Alencar vs Tarsis Humphreys
Tarcisio Jardim vs Alexandro Ceconi
Yuri Simoes vs Alexandre Ribeiro

準決勝
Alexandre Ribeiro vs Roberto Alencar
Rodolfo Vieira vs Alexandro Ceconi

男子 スーパーヘビー

準々決勝
Andre Campos vs Antonio Carlos Jr (injury)
Bernardo Faria vs Andre Simoes
Felipe Bueno vs Gustavo Pires
Leonardo Nogueira vs Paulo Martins

準決勝
Bernardo Faria vs Andre Campos
Leonardo Nogueira vs Felipe Bueno (Gentlemen's Agreement)

男子 ウルトラヘビー

準々決勝
Leonardo Leite vs Ricardo Evangelista
Marcio Cruz vs Antonio Peinado
Marcus Almeida vs Igor Silva
Rodrigo Medeiros vs Alexander Trans

準決勝
Leonardo Leite vs Alexander Trans
Marcus Almeida vs Marcio Cruz

男子 オープンクラス

準々決勝
Leonardo Nogueira vs Alexandre Ribeiro
Roberto Abreu vs Bernardo Faria
Rodolfo Vieira vs Marcus Almeida
Romulo Barral vs Antonio Carlos Jr

準決勝
Leonardo Nogueira vs Antonio Carlos Jr
Marcus Almeida vs Bernardo Faria


Disc 4

ベストファイト

男子 ルースター
Felipe Costa vs Fabio Passos
Fumiaki Kobayashi vs Brandon Mullins
Milton Bastos vs Igor Rodrigues
Pablo Texeira vs Caio Terra

男子 ライトフェザー
Alexandre Ogawa vs Samuel Braga
Bernardo Pitel vs Matthew Larey
Daniel Beleza vs Ary Farias
Franciello da Costa vs Laercio Fernandes
Guilherme Mendes vs Mark Ramos
Kouhei Ebashi vs Ary Farias
Renato Tavares vs Igor do Nascimento
Renato Tavares vs Pablo Silva

男子 フェザー
Christiano Renato vs Rafael Mendes
Justin Rader vs Leonardo Saggioro
Kahill Moreland vs Samir Chantre
Leonardo Saggioro vs Peter Han
Mario Reis vs Samir Chantre
Rubens Charles vs Edson de Oliveira
Rubens Charles vs Mario Yokoyama
Sandro Santiago vs Lahat Noadya
Sandro Santiago vs Rafael Mendes
Takuto Kako vs Mario Reis
Wellington Dias vs Eduardo Ramos
Yasuhito Nakatsuka vs Eduardo Ramos

男子 ライト
Alessandro Ferreira vs Leandro Lo Nascimento
Choi Choi vs Roberto Satoshi
Claudio Cardoso vs Rodrigo Caporal
Emmanuel Maximiano vs Rodrigo Caporal
Francisco Tavares vs Davi Ramos
Italo Lins vs Roberto Satoshi
Italo Lins vs Diogo Ferreira
Italo Lins vs Marcos De Melo
Kaleo Lopez vs Yuji Okamoto
Ocimar Santos vs Jonathan Torres
Renan Borges vs Gen Isono
Renan Borges vs Zachary Maxwell
Takuma Tokito vs Lucas Lepri
Thiago Abreu vs Philipe Della Monica
Thiago Dutra vs Philipe Della Monica
Tiago Rocha vs Jonathan Torres
Yuji Okamoto vs Davi Ramos
Zachary Maxwell vs Takashi Ouchi

男子 ミドル
Bruno Alves vs Edenislon Lima
Claduio Calasans vs Jacob Mackenzie
Elan Santiago vs Kron Gracie
Felipe Oliveira vs William Cooper
Gabriel Goulart vs Victor Estima
Gabriel Pontes vs Kron Gracie
Marcelo Mafra vs Timothy Bruce
Matt Baker vs Daniel Dias
Otavio Sousa vs Luis Gustavo
Otavio Sousa vs Michael Pinheiro
Tetsuya Kondo vs Jacob Mackenzie
Thiago Braga vs Claudio Calasans
William Cooper vs Lucas Leite


Disc 5
ベストファイト
男子 ミディアムヘビー
Gabriel Rocha vs Romulo Barral
Ian McPherson vs Vince Tran
Rafael Lovato Jr vs Cameron Diffley
Rafael Lovato Jr vs Victor Bomfim

男子 ヘビー
Alan Salgado vs Rodolfo Vieira
Alexandre Ribeiro vs Eduardo Silva
Nathan Zigler vs Yuri Simoes
Roberto Alencar vs Adriano Rosa

男子 スーパーヘビー
Antonio Carlos Jr vs James Puopolo
Bernardo Faria vs Rodrigo Ranieri

男子 ウルトラヘビー
Helton Nogueira vs Marcus Almeida
Roberto Abreu vs Gustavo Dias
Rodrigo Medeiros vs Bruno Menezes

男子 オープンクラス
Adriano Ignacio vs Alexandre Ribeiro
Christopher Haraszti vs Marcos Souza
Diego Hertzog vs Thiago Do Vale
Diego Silva vs Marcio Cruz
Igor Silva vs Leonardo Nogueira
James Puopolo vs Rodolfo Vieira
Marcus Almeida vs Raymond Seralle
Marcus Almeida vs Roberto Alencar
Rodolfo Vieira vs Diego Vivalde
Rodrigo Caporal vs Antonio Carlos Jr
Tatsuya Kaneko vs Romulo Barral
Tetsuya Kondo vs Leonardo Nogueira

女子 ベストファイト
Light Feather - Kanako Inaba vs Miriam Cardoso
Light Feather - Takako Abe vs Leticia Ribeiro
Feather - Bruna Ribeiro vs Michelle Nicolini
Feather - Kyra Gracie vs Juliana Noguiera
Feather - Marina Ribeiro vs Kyra Gracie
Light - Beatriz Mesquita vs Elisanglea Fernandes
Light - Bibiana Silva vs Luiza Monteiro
Middle - Erika Correia vs Luanna Alzuguir
Middle - Vanessa Nascimento vs Valerie Worthington
Medium Heavy - Fernanda Mazzelli vs Luzia Santana
Medium Heavy - Fernanda Mazzelli vs Talita Nogueira
Medium Heavy - Polyana Barbosa vs Penny Thomas
Heavy - Tammy Griego vs Katrina Wellbacher
Open - Gabrielle Garcia vs Beatriz Mesquita
Open - Luiza Monteiro vs Luanna Alzuguir
Open - Luiza Monteiro vs Michelle Nicolini
Open - Penny Thomas vs Luanna Alzuguir

プレヴューはこちら



また、その他にも欠品中だった海外製柔術関連DVDも多数入荷しております。

海外DVD のご注文はこちらから

スマホサイトはこちらから

携帯サイトからのアクセスはこちら


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト



2013年01月04日

本日より新年の営業を開始いたしました

本日1月4日より新年の営業を再開いたしました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始の休業中に頂いておりますご注文は本日より順次発送手配させて頂いております。
商品のご到着まで今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。


早速ですが、本日格闘技関連DVD制作会社クエストから欠品中の格闘技関連DVDが再入荷しました。

quest0
クエストDVDの商品一覧はこちらから

スマホサイトはこちらから

携帯サイトをご利用の方はこちら


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト
au専用サイト

2013年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

feliz2013
新年明けましておめでとうございます。

新年のお祝いに5,000円以上ご購入で使える1,000円分の割引きクーポンを発行させて頂きました。

クーポンID: 2003

ご注文の際、上記クーポンIDをご注文画面のクーポン使用欄にご記入下さい。



※注意事項
1.有効期限は2013年1月8日までとなります。
2.お一人様一回限り有効とさせて頂きます。
3.他のサービスとの併用はできません。



新年の営業開始は1月4日(水)からとなります。

なお、年末年始休業中にご注文、及びお問い合わせにつきましては、営業開始日より随時ご対応させていただきます。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト