English Portugues Japanese

2007年05月23日

ブラジリアン柔術テクニック第二弾入荷!

f8e914bc.jpg本日コブリンヤ柔術DVDが入荷しました!
ご注文はこちらからどうぞ
携帯からアクセスの方はこちら
DVD ブラジリアン柔術テクニック2 コブラ柔術
定価3,990円(税別3,800円)
収録時間77分。新世代ブラジリアン柔術統一世界王者の業を解説。
中〜上級者向き。
大好評の前作・コブリンヤ柔術の第2弾がはやくも登場!
王者フーベンス・シャーレスが2006年に圧倒的な強さで優勝した二つの世界選手権で使ったテクニックを全て紹介している
今までのテクニックとは一味違う最先端のテクニックを徹底解説
インタビューやプライベート映像・スパーリング等の特典映像収録

■クロスガードを攻略 クロスガードに対するパスガード/クロスガードに対するエリを使ったパスガード
■クロスからの攻め クロスガードからスイープして腕十字1/クロスガードからスイープして腕十字2
■担いでパスガード かつぎのパスガード/テレレパスガード/かつぎからバックポジション
■かつぎパスのカウンター かつぎパスガードに対するバック/かつぎパスガードに対するスイープしてニーオンザベリー/かつぎパスガードに対するバック2
■亀を攻略 亀を崩してサイドポジション/亀を崩してバックポジション/亀を崩してバックポジション2/亀の相手に対するアームロック/亀の相手に対する腕十字/亀の相手に対するチョーク
■オープンガードを攻略 オープンガードに対するパスガード/オープンガードに対するパスガード2/オープンガードに対するパスガード3/オープンガードに対するパスガード4/オープンガードに対するパスガード5/スパイダーガードに対するパスガード/スパイダーガードに対するパスガード2/スパイダーガードに対するパスしてバック/スパイダーガードに対するパスしてバック2
■スパイダーガードで攻める スパイダーガードからバック/スパイダーガードからデラヒーバへ移行してスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ2/スパイダーガードからパスカウンターオモプラッタ
■クロスガードで攻める クロスガードからの三角絞め/クロスガードから腕十字固め/クロスガードからのブラボーチョーク/クロスガードからのブラボーチョーク→腕十字固め/フックガードからバック/フックガードのスイープ
■ハーフガードを攻略 ハーフガードに対するパスマウント/ハーフガードに対するパスガード/ハーフガードに対するパスガード2/ハーフガードに対するブラボーチョーク/ハーフガードに対するブラボーチョーク2
■極め ブラボーチョークからバック/サイドポジションからの絞め/サイドポジションからの絞め2/サイドポジションから腕十字/サイドポジションからカンバリョッタチョーク
■ アクロバティックに攻める アクロバティックなパスガード1(マカキーヨ)/アクロバティックのパスガード2(アウー)/アクロバティックのパスガード3/カポエラ式オモプラッタ(ビッコ ジ パパガイオ (オウムの口)/シッティングガードに対するバック
■スパイダーガードで攻める 26スパイダーガードからバックポジションで送り襟絞め/スパイダーガードからデラヒーバへ移行してスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ2/スパイダーガードからパスカウンターオモプラッタ
■クロスガードで攻める クロスガードからの三角絞め/クロスガードから腕十字固め/クロスガードからのブラボーチョーク/クロスガードからのブラボーチョーク→腕十字固め/フックガードからバック/フックガードのスイープ
■ハーフガードを攻略 ハーフガードに対するパスマウント/ハーフガードに対するパスガード/ハーフガードに対するパスガード2/ハーフガード相手にに対するブラボーチョーク/ハーフガードの相手に対するブラボーチョーク2
■極め ブラボーチョークからバックポジション/サイドポジションからの絞め/サイドポジションからの絞め2/サイドポジションから腕十字/サイドポジションからカンバリョッタ絞め
■ アクロバティックに攻める カポエラパスガード1 マカキーヨパス/カポエラパスガード2 アウーパス/ヘッドスプリングパスガード/カポエラ式オモプラッタ(ビッコ ジ パパガイオ)/シッティングガードに対するバック

フーベンス・コブリンヤ・シャーレス Rubens "Cobrinha" Charles (アリアンシ柔術)
165cm 68kg 黒帯 ペナ級
ブラジリアン柔術統一世界王者。わずか5年で黒帯世界王者に登りつめた異例の天才柔術家。2006年に行われた世界選手権コパドムンドでは全試合一本勝ちで優勝、翌週開催された世界選手権ムンジアルでは、決勝戦以外をオール一本。決勝戦こそ一本勝ちを逃したが、マーシオ・フェイトーザを圧倒的なポイント差で破り、見事統一世界王者に輝いた。
2006年の世界選手権では元祖世界統一王者マリオ・ヘイスや前年度王者のフレジソン・パイシャオンが出場していなかった為、本当の意味での世界王者とは言い切れなかったが、2007年行われたアメリカナショナル選手権では、そのマリオ・ヘイスやフレジソン・パイシャオンの他に、昨年の同階級全米王者・プルーマ級現世会王者ビビアーノ・フェルナンデスが出場する中、見事優勝して真の最強の称号を手に入れた。
主な戦績 2007年 パンアメリカン選手権優勝2006年/ムンジアル黒帯ペナ級優勝/コパドムンド黒帯ペナ級優勝/コパドムンド黒帯無差別級-75kg優勝/コパブラジリア黒帯ペナ級優勝/コパブラジリア黒帯無差別級優勝/プロ柔術X Grand-Prix2006 優勝


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔