English Portugues Japanese

2007年10月03日

DUMAU グラップリング ‐70kg以下級決勝

2007年9月23日静岡県湖西市にて開催されましたDUMAUグラップリングトーナメントの写真を入手しましたのでレポートしていきたいと思います。
まずは‐70kg以下級決勝です。




マウリシオ・ソウザ(BONSAI柔術) VS レアンドロ・ヤマシタ(JAWS GERSON柔術)
お互い一本勝ちで勝ちあがってきた両者。




とりあえずレアンドロが下でマウリシオが上。
展開は不明。




この二人実は一時期師弟関係だったことがあります。
レアンドロが当時所属していたROCHA柔術に練習相手がいないことから、BONSAIに移籍しました。
練習が肌に合わなかったのか、マウリシオと馬が合わなかったかは分かりませんがその後現在のJAWS GERSONに移籍しました。
在籍期間は半年程度ですがお互い手の内も知り尽くしているかと思います。




当時当方が練習の際に見たときにはスパーリングではその差は歴然、マウリシオが圧倒的に強くいつもスパーリングでレアンドロからタップを取りまくっていました。
しかし試合は別物、マウリシオからレアンドロがバックを取りかけるシーンも。




が、しかしあえなく合わされて投げられ・・・




最悪な形に・・・。




しかしレアンドロしっかりとハーフに戻す。




マウリシオは足をつぶしてパスしてきます。




際の攻防ですが、レアンドロが上半身を制されている為かなりきつい体勢。




再度パスされニーオンザベリーの体勢。




マウントを取り、そこからそのまま手で首を絞めるチョーク(名前は不明)。
最近彼らの間でかなり流行っているようで、マウリシオ・マルコス共にこの技を使っているのをよく見かけます。




結局この技が決まり‐70kg以下級はマウリシオ・ソウザの優勝。

次回は他の階級を掲載予定です。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔