English Portugues Japanese

2008年01月27日

NIPO BRASILEIRA ブラジリアン柔術大会 in 浜松

本日1月27日(日)静岡県浜松市・浜松武道館におきましてFNBJJの主催するブラジリアン柔術大会が開催されました。
FNBJJとはFCTのフロンチン・クーニャ氏がCBJJEの認可を得てNIPO-BRASILEIRA(日系ブラジリアン柔術連盟)立ち上げたものです。

今回のお目当ては黒帯の賞金トーナメントがあるとのことで、無差別級の優勝者には¥100,000の賞金が与えられるとのこと。
そして、そのトーナメントにはボンサイのマウリシオ&マルキーニョスのソウザ兄弟やジョン・バチスタ、ホドリゴ・ヒラカワ達その他多数の選手が出場するとの噂でした。

その次のお目当ては昨年末のDEEPXトーナメント覇者のBONSAIファミリー三男のホベルト・ソウザが紫帯のカテゴリーと無差別級に出場するとのこと、また、同じ紫帯にフーベンス“コブリンヤ”シャーレスの弟子が参戦するとのことでした。

しかしいざ会場に行きトーナメント表を見ると・・・



アダルト黒帯ペナ級 エントリーはマウリシオ・ソウザのみ






アダルト黒帯メイオペザード級 エントリーはマルキーニョス・ソウザのみ

アダルト黒帯以上・・・

結局アダルト黒帯はボンサイのソウザ兄弟以外のエントリーは無しでした。
という事は無差別級も無し。。。まぁよくある話です・・・。






マスター黒帯のほうはレーヴィ級で3人のトーナメントが組まれていました。
しかしこのトーナメントが後に惨劇を起こす事に・・・






マスターアブソルートも同じ顔合わせ。※結局このマスターアブソルート級は同じ面子の為か行われませんでした。






もう一つの目的。こちらは無事行われるようです。アダルト紫帯メジオ級にコブリンヤの弟子フアン・カイオとDEEPX76kg級覇者のホベルト・ソウザ。その他にもアサオ柔術でこの辺りの大会を総なめにしている実力者のハドソン・アランが出場。






さらに無差別級にはその面子+αでかなり面白そうです。



△悗弔鼎・・・


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 匿名   2008年02月06日 02:08
フロンチン・クーニャは前に未成年の女の子の暴行罪の疑いがあって道場や乗ってる車が破壊された話を聞いたことあります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔