English Portugues Japanese

2008年01月27日

NIPO BRASILEIRA ブラジリアン柔術大会 in 浜松

そしてマスター黒帯の1回戦がはじまりました。
アサオ柔術のエメルソン vs TOKAIブラジリアン柔術のマルコス。レフェリーはジェルソン柔術のジェルソン・ドス・サントス。




マルコスが引き込みスパイダーガード、その後下からマルコスが三角絞めの体勢に。エメルソンが立ち上がりベースを作って三角のディフェンス、しかし突然レフェリーのジェルソンが試合を中断。いったい何事?と思っていると、エメルソンを座らせて再び三角の体勢からスタート。
自分の周りにはボンサイ兄弟等もいて、なんだこれは?とかなりざわつく。
そしてエメルソンはなすすべも無くマルコスの三角絞めの餌食に。

エメルソンはアサオ柔術だからサルマン(アサオ柔術代表で血の気多し)が近くにいたら乱闘モノだなと思っていましたが、たまたま近くにサルマンはいなく、何事も無かったかのように試合は終わりました。

この試合を見ていたマウリシオ・ソウザが、もし自分の生徒にあんなレフェリングをされたら困ると、その後ジェルソンにクレームをつけていました。


そして惨劇はこの後すぐ。。。






先程の勝者マルコスとアサオ柔術代表のエジソン・サルマンが決勝戦を行う事に。






試合がはじまるとすかさず引き込むマルコス。このスパイダーガードがかなりねちっこく苛立ちを隠せないサルマン。
結局このガードを崩せないまま1スイープの2-0でサルマンの負けに。





試合終了の合図にサルマンが少し怒り気味に相手から離れたところ、それを見ていたTOKAIブラジリアンのメンバーがサルマンに詰め寄っていく。そして一気に乱闘騒ぎに。





すぐにマルキーニョス&マウリシオ・ソウザボンサイ勢とやアサオ柔術のメンバー、TOKAIのナカヤ先生等が仲裁に入る。
アサオ柔術のメンバーもサルマンの乱闘グセを良く知っているのでかなり呆れている様子。しかし今回は相手が先に挑発しているのでいた仕方ないかと・・・。
なんとか一旦乱闘が治まる。





しかしその後TOKAIブラジリアン柔術勢が「黒帯チャンピオン!」と騒ぎはじめた為、それを聞いていたサルマンが怒り出し、再度TOKAI勢の中に突っ込んで行き乱闘勃発。
なかなかことは収まらず・・・



へ続きます。



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔