English Portugues Japanese

2008年01月27日

NIPO BRASILEIRA ブラジリアン柔術大会 in 浜松

やっとのことで乱闘が治まり試合再開。

そしていよいよ紫帯無差別級ホベルト・ソウザの登場




相手は100kg以上はあろうかの巨漢。






この選手柔道系の選手のようで、柔道組み手で立ち技がかなり上手い。
ホベルト・ソウザ、得意の立ち技も体重差と相手の上手さもあり少し苦戦気味。






なんとかテイクダウンに成功し、すぐさまパス。ハーフまで一気に持っていく。






必勝パターンのハーフからの十字絞め。も相手の固いディフェンスに阻まれ不発。






不発や否やすぐにパスに切り替える。






しかし、この選手体型に似合わずハーフガードがかなり上手い。
相手の応援団はポルトガル語で「肉を回転させるんだー!!シュハスコのようにー!ペペロンチーノのようにー!!」と叫んでいて、あのグルグル回す肉の丸焼きを想像して思わず吹き出してしまう。






下からはハーフスイープのプレッシャーがガンガン来るも、ホベルトあの手この手と足抜きにかかる。






しかし、なかなか相手もしぶとい。というかこの選手普通に強い。立ってよし、ガード上手し。






ホベルト、一気にマウントの方まで行き一瞬足を抜く。すぐここから絞め。






しかし相手が回転してエスケープ、ホベルトは下になりながらも腕を取りに行く。
しかしこれもつぶされて下になったホベルトは一気に形勢逆転。バックを取られかけてピンチ!!






と思いきや、すぐにガードに戻すや否や下からの十字絞め。相手から「カーッ」という声が聞こえる。これで見事タップを奪い、日本でのブラジリアン柔術初戦を勝利で飾る。


い紡海。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔