English Portugues Japanese

2008年01月27日

NIPO BRASILEIRA ブラジリアン柔術大会 in 浜松

続いて紫帯無差別級の1回戦フーベンス“コブリンヤ”シャーレスの弟子、フアン・カイオが登場。





噂ではコブリンヤの弟子らしくコブリンヤスタイルだとか。






試合開始すぐに引き込む。動きはコブリンヤと全く同じ。足を大きく広げた振り子のようなガード。この写真の体勢からオモプラッタに行き、そこからカウンターで反対の腕を一気に腕十字。
初戦は秒殺勝利。えらい強いです・・・。




そしてさらにフアン・カイオの試合、紫帯メジオ級1回戦



相手はアサオ柔術の強豪で昨年の中部選手権覇者、この辺りの大会を総なめにしているハドソン。
しかしこれも引き込むと必殺のガードワークが炸裂、いとも簡単に三角絞めに捕らえ一本勝ち。またもや秒殺勝利。
強い・・・。




紫帯メジオ級反対のブロックではホベルト・ソウザの1回戦が。



相手はアサオ柔術の紫帯、先程のハドソンに次いで強い選手です。
アサオ柔術は青〜紫帯の層が厚く、かなり良い選手が揃っています。






ホベルト、今度は体重も同じなので、すぐに引き込み結構流している感じです。






さくっとスイープし一気にハーフまでもっていきます。






そして得意のハーフからの十字絞め。しかしまたも不発。






ダメと見るやすぐに切り返し、バックに回り込んでの送り襟絞め。完璧に入ったと思いきやまたも不発・・・。相手に起き上がられてしまいます。今日は調子悪いのか。。。といっても十分に強いのですが。






再度スイープし、上を取り一気にパス。






今度は腕十字からの切り替えしモンジバカで一気にタップ。なんだかんだでも余裕の一本勝ちでした。


イ愨海


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔