English Portugues Japanese

2008年02月14日

新生BJJAJ

今回の道場紹介は、エジソン・レアンドロ・ダ・シウバ率いるBJJAJ(Brasilian jiu-jitsu Association Japan)です。

BJJAJは一昨年の8月に急遽解散しました。
解散の原因は色々と云われていますが、実の所は不明です。

BJJAJ傘下だったアカデミーは解散後は別々のアカデミーとして残りました。

その中でも中心だったメンバー達が集まって前々回に紹介したAcao柔術を立ち上げました。

しかし、ここからまたもジョン・バチスタとホドリゴ・ヒラカワが離脱し、エジソン・レアンドロの元に戻り、新たなBJJAJを立ち上げました。

バチスタ曰くBJJAJが復活するのではなく、新しいBJJAJをこれからまた作るのだそうです。

現在は旧レストラン・サンパウロの2階でわずか4〜5名の気心の知れたメンバーのみで練習しているようです。

しかし、この3人(エジソン、バチスタ、ホドリギーニョ)がまた集まったのでただで終わるはずはありません。
これからまた一大勢力になることは間違いないでしょう。

浜松近郊の柔術事情は今後も激動必死です。





新生BJJAJの中心人物 ジョン・バチスタ(左)とホドリゴ・ヒラカワ(右)





全盛期のBJJAJ。総メンバー数300名以上だったと云われています。
この中には現在自らのアカデミーを立ち上げている選手も多数います。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔