English Portugues Japanese

2008年02月20日

BJJ&グラップリングトーナメントinシンガポール

BJJ&
シンガポールでブラジリアン柔術の大会が開催されます。
ブラジルブログの橋本さんが数ヶ月前に韓国を訪れた時に、韓国は5年前の日本のような感じだったと言ってました。
シンガポールはまだまだ柔術の発展途上国(経済ではもちろん先進国ですが)で、10年前の日本のような感じなのでしょうか。

アジアでも段々とブラジリアン柔術が広がりつつある昨今、アジアの先駆者的存在はなんと言っても日本ではないでしょうか。
大会告知をみて分かるように、この大会にはALIVEシンガポール支部も運営にかかわっているようです。

ブラジリアン柔術の全体的レベルを国別に分けるとすると、一番なんと言っても群を抜いてダントツブラジルですが、2番目にレベルの高い国は日本だと思っています。
えっ!?2番目はアメリカだろっ!?という声も聞こえてきそうですが、技術的には日本の方が上だと思っています。
(※あくまでも個人的観測ですのでご了承下さい)

しかしそんな日本も昨年頃から連盟問題が勃発し、またそんな中新連盟も立ち上がリ、その他の連盟もあるしで、ある意味ブラジルと同じ道を辿っているように思います。
※その他の連盟についてはまた後日当ブログにて紹介します。

大きくなってくるとかならず出てくる問題なので致し方ないと思いますが、柔術が盛り下がる事だけは勘弁願いたいものです。

しかし、今のごたごたは必ず今後の日本の柔術にとってプラスになるものと信じていますので、今後の動向を見守りたいと思います。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ステーキもぐもぐ   2008年02月21日 00:00
4 連盟が乱立して一番困るのは、選手・ファンの皆さんだと思います。上の人達の連盟の、どうたらこうたらで選手の人達が大会に出られたり、出られなくなったりする等、ある意味、上の人達の間だけもめ事ならまだ少しは分かるのですが、一番の被害者は選手の方々やそれを支える柔術ファンの方々だと思います。ブログの通り、この事情が日本の柔術界にとってプラスになってくれると嬉しいんですが。まず、選手ありきの柔術ですからね。
2. Posted by ブルテリア 坂本   2008年02月21日 13:18
仰るとおりです。
この件は当社にとっても死活問題ですので、非常にナイーブになっています。
当方としてもできる限りのことをしていくつもりです。
3. Posted by 九龍柔術   2008年02月27日 18:55
5
はじめまして私は香港の柔術サークル所属の日本人です。
今回このシンガポール大会の記事をみまして、我々が開催する大会の紹介もして頂けないかと思い書き込みさせて頂きました。
もし可能でしたらメールを頂けないでしょうか?
宣伝ポスター、試合詳細を返信させて頂きます。
御社から数着柔術着を購入してますのでこのアドレスに見覚えがあるのでは?

突然のお願いで恐縮ですが、ご検討お願い致します。
4. Posted by ブルテリア坂本   2008年02月28日 11:54
いつもお世話になっております。
是非ご紹介させて頂きます。
それでは後ほどメールにてご連絡させて頂きます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔