English Portugues Japanese

2008年04月23日

今度はグレイシーマガジンでメンデス兄弟の特集

2de0c141.jpgハファエルとギリェルミのメンデス兄弟が今度はグレイシーマガジンの記事で特集されていました。
まだ茶帯の選手がここまで大きく取り扱われるのもなかなか珍しいですが、それだけ彼らが注目されているということでしょう。

※写真 昨年末に開催されたブラジレイロ・エキッペに優勝して茶帯に昇格しました。

今回は翻訳はご勘弁ですが、大体どんなことが書いてあるかを下記に記載いたしました。



現在20歳のギリェルミ・メンデスと18歳のハファエル・メンデス。
彼らが13歳の頃より世界のトップを目指し柔術を始めました。

彼らは2005年(当時青帯)より現在に至るまで一度も試合で負けていません。

彼らの所属するチームはレオジーニョやアンドレ・ガウバォン、ブルーノ・フラザト達が所属するとても強くて人気のあるチーム。

そのレオジーニョやガゥバォン、フラザト達が皆口をそろえて彼らを大絶賛します。

ハファエル、ギリェルミ、フラザト
メンデス兄弟らと練習を共にするブルーノ・フラザトとジウベルト・ドゥリンヨ。

ムンジアル、ブラジレイロ、パウリスタ等数々のタイトルを持つ彼ら。
昨年のブラジレイロとムンジアルではオール一本勝ちで勝利し優勝する。




ADCCセレチバ決勝
昨年初頭に開催されたADCCブラジル・セレチバ-66kgの決勝にてブルーノ・フラザトと戦うハファエル・メンデス。
あわや足関節を極めかけるシーンも。

最終的にハファエルは延長戦の末敗れるも、フラザトとほぼ互角の戦いを演じた。
このときハファエルはまだ17歳で紫帯、しかも62kgの体重だった。





CBJJのルール上黒帯に昇格することは出来ないが、現時点ですでに黒帯のトップクラスの実力を身につけている。


といったような内容のことが掲載されております。


しかし、ここ最近の彼らの特集でコブリンヤに対する発言を見て、コブリンヤがかなり激怒しているようです。
メンデス兄弟とコブリンヤ、かなり興味深いカードですが、彼らがまだ茶帯の為柔術では対戦することができないのが残念です。



グレイシーマガジンの原文はこちら



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔