English Portugues Japanese

2008年09月05日

ドラガォンインターナショナルカップ紫帯無差別級レポート

昨日に引き続きドラガォンカップ無差別級のレポートです。
今回は紫帯の無差別級の模様です。
このカテゴリーには当ブログにも度々出てきているボンサイ柔術のフアン・カイオとクレベル・コイケが出場しました。
※過去の二人の記事はこちらを参照


まず一回戦、クレベルの試合。
20080901 046
好ゲームの末、三角十字で1本勝ち。

20080901 048
しかし、試合に気持ちが入りすぎたか、勝利後相手を挑発するポーズを・・・。

20080901 049
なんだか一瞬不穏な空気に。周りの対応が大人だったので特に何事も無く終わりました。

続いてフアン・カイオの一回戦。
20080901 057
こちらも無難に大差のポイント差でフアンが勝ちあがる。


そして迎えたクレベルの2回戦。
20080901 096
対戦相手は1回戦をほとんど秒殺で極めて勝ちあがった森本選手。

20080901 094
柔道ベースで安定した強さの森本選手。階級別も圧倒的な強さで優勝しています。

20080901 092
気持ちのぶつかった熱い試合で、僅か1ポイント差でクレベルが辛勝。個人的に今大会のベストバウトです。


かたやフアンの2回戦
20080901 099
2回戦も危なげなく勝利。


そしてクレベルの準決勝
20080901 104
なぜかここでシードの選手が突然出てくる。
一体どんなトーナメントの組み方?
クレベル先程の試合で全てを出し切ってしまったようで集中力が無い感じ。
結局5-4のポイント負け。

ちなみに後で確認したらこんな感じのトーナメントでした・・・。

      ┌
     ┌┤
    ┌┤└
    ││┌
    │└┤
    │ └
   ┌┤
   ││ 
   ││
   ││
   │└----
   │
   │
   │
  ─┤
   │
   │
   │
   │┌----
   ││
   ││
   ││
   └┤
    │ ┌
    │┌┤
    ││└
    └┤
     │┌
     └┤
      └




ということでフアンの準決勝も同様にシードの選手が。
しかし同門だった為、試合無しでフアンが勝ちあがる。



そして迎えた決勝
20080901 110
フアンの相手はクレベルに勝ったグレイシーバッハBH碧南の選手。

20080901 112
フアンが引き込んで下からスイープやバックを狙う展開。

20080901 122
最後はバックからのチョークでフィニッシュ。

20080901 124
フアン優勝。


決勝の動画をこちらにアップしましたので是非ご覧下さい。



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔