English Portugues Japanese

2008年09月15日

シンガポールインターナショナルブラジリアン柔術大会

先日シンガポールでシンガポールインターナショナルブラジリアン柔術大会が開催されました。
主催者より写真が届きましたので、こちらにて紹介いたします。

今大会はブラジリアン柔術という名前ですが、写真は全てノーギのものでした。
韓国で開催される大会も必ずといっていいほど柔術とノーギはセットになっていますので、アジアでは柔術とノーギは一緒の競技という認識にあるのかもしれません。

n1244835090_30139678_6341


n1244835090_30139688_137


n1244835090_30139718_9165


n1244835090_30139724_1110


n1244835090_30139725_1440


n1244835090_30139733_4215


n1244835090_30139742_7498


n1244835090_30139744_8249


n1244835090_30139747_9410


n1244835090_30139748_9796


n1483620235_3363_7579


n1483620235_3572_3821
今大会には小笠原誠選手も出場していたようです。

n1483620235_3955_8924



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ステーキもぐもぐ   2008年09月15日 19:01
5 シンガポールの格闘技事情ってどんな感じかまったくと言っていいほど謎だったんですが、その一端を、今回知る事ができました。有り難う御座居ます。でも、同じアジアの、韓国の柔術事情は幾度かblogで知る事ができました。シンガポールも柔術は盛んなのでしょうか?それと、ノーギの稽古は衣ありと比べるととても疲れますよね。勝手も結構違いますし。やはり僕は柔術が大好きです。たまにノーギもよい、みたいな感じです。
2. Posted by ブルテリア坂本   2008年09月16日 11:45
ノーギのほうがエスケープがしやすいので、格上とスパーリングする場合はノーギのほうが楽だったりします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔