English Portugues Japanese

2008年10月01日

POWERGATE カイザーグランプリタイトルマッチinビッグ・ローズ

73841601.jpg9月28日(日)広島ビッグ・ローズ(広島県立ふくやま産業交流館)におきまして「POWERGATE カイザーグランプリタイトルマッチ」が開催されました。

福山に初進出のパワーゲート、さらに今回が最後のパワーゲートルールとあって選手の緊張感がいつもの倍は感じられたがいざスタートすればいつもの爽快感が会場を充満しました。
今回エキシビジョンではあるが大会に花を添えた地元の英雄、佐々木信治選手はリング上で次回の広島大会では是非試合をしたいと地元のファンの前で確約しました。
さらにドロー防衛ではあるが赤澤の挑戦を退けたフェザー級王者尾崎、TKOで防衛したミドル級王者坂井、両王者共にパウンド、クロスガード解禁は「望むところ!」と力強いコメントを残し、11月1日の大阪大会「新生」パワーゲートの風景に期待感をつなげる第1章完結大会は幕を閉じました。

<試合結果>

●ダブルファイナルゲート カイザーGPタイトルマッチミドル級
王者
○坂井圭介(パラエストラ広島/プロ修斗クラスB7戦3勝3敗1分/POWERGATE2戦2勝)
中村勇太(和術慧舟會若杉道場/2004 JTC全国大会-82kg級準優勝/2005掣圏真陰流トーナメント95kg以下級準優勝)
2R2:21TKO(中村選手の左腕に脱臼の疑いアリでドクターストップ)

●ダブルファイナルゲート カイザーGPタイトルマッチフェザー級
王者
尾崎大海(SHOOTO JAM WATER/POWERGATE6戦5勝1敗)
赤澤誠(総合格闘技道場BURST/POWERGATE1戦1勝/プロ修斗2戦1勝1敗)
ドロー(尾崎の王座防衛)

●エキシビジョンゲート
佐々木信治(総合格闘技道場BURST/環太平洋ウェルター級5位)
竹縄元博(総合格闘技道場BURST/2008アマ修全日本選手権ライト級準優勝/プロ昇格)
(エキシビジョンにより勝敗なし)

●9thゲート バンタム級(−60kg)
○永添潤(ゼロ戦クラブ/プロ修斗クラスB2戦2敗)
坂出裕次郎(グリムリーパーズ)
2R1:20(ギロチンチョーク)

●8thゲート バンタム級(−60kg)
蒔田伸吾(パラエストラ広島/2008アマ修斗中国選手権バンタム級優勝)
柏村俊秀(毛利道場/アマボクシング5戦5勝/アマキックボクシング3戦2勝1敗/アマ総合3戦2勝1分)
ドロー

●7thゲート フライ級(−55kg)
○西田翔(総合格闘技道場BURST/2008アマ修斗徳島オープントーナメント バンダム優勝)
木橋拓也(慧舟會ナックルズ/アマ総合2勝1敗/アマキックルール3勝/グラップリング2勝1敗)
1R1:37(腕十字)

●6thゲート フェザー級(−65kg)
嶋本宗磨(ゼロ戦クラブ/極真空手関東大会ベスト8/アマ修斗11戦6勝5敗)
秋山翼 (毛利道場/2007 DEEPフューチャーキングトーナメント中国・四国大会優勝/2008ジ・アウトサイダー2戦2勝)
ドロー

●5thゲート ミドル級(−83kg)
小林豊(SHOOTO JAM WATER/2007第1回四国アマ修斗選手権大会準優勝/POWERGATE2戦2敗)
○相川祐哉(毛利道場/Deepフューチャーファイト1戦1勝)
3R1:19(腕十字)
●4thゲート バンタム級(−60kg)
近藤洋平(総合格闘技道場BURST/2008アマ修斗九州フレッシュマン優勝/2008アマ修斗九州選手権3位)
○山根一(毛利道場/アマボクシング5戦4勝1分/アマ総合5戦3勝2敗)
優勢勝ち(1Rパンチによる近藤ダウン1回)

●3rdゲート −68kg契約
吉永三紀(総合格闘技道場BURST)
中村俊太(クラブファイン/ジ・アウトサイダー1戦1勝)
ドロー

●2ndゲート フェザー級(−65kg)
○廣畑陽二郎(パラエストラ広島/アマ修斗13戦5勝8敗)
 井野将之(和術慧舟會山口支部/デモリッション1戦1勝/キック2戦1勝1敗)
優勢勝ち(3Rグローブを掴む反則とネガティブファイトによるイエローカード)

●1stゲート ウェルター級(−77kg)
○小林孝至(SHOOTO JAM WATER/POWERGATE1戦1勝)
岸野雄一(クラブファイン/アマ総合3勝4敗2分)
2R2:31(腕十字)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔