English Portugues Japanese

2008年11月29日

ブラジリアン柔術アジア選手権初日速報!

アダルト黒帯無差別級

ブルテリアチームからマルキーニョスが出場
BTgym01 348



一回戦
×高谷聡(パラエストラ吉祥寺) 2-6 Denis Mitchel Pin(デラヒーバ)○



二回戦A
○マルキーニョス(ブルテリア・ボンサイ) 絞め Denis Mitchel Pin(デラヒーバ)×
マルキーニョス秒殺勝利!!

二回戦B
×エドムンド・カバウカンチ(JAWS) アドバンテージ Karim Earl Jalal(吹田柔術)○

二回戦C
○入来晃久(チームレグナム) 腕十字 Aaron Milam(ヘンゾグレイシー)×

二回戦D
○マイク・フォウラー(PUREBRED/ロイド・アーヴィン) アームロック 中山徹(トライフォーズ)×




準決勝A
○マルキーニョス(ブルテリア・ボンサイ) 腕十字 Karim Earl Jalal(吹田柔術)×
マルキーニョス、二回戦に続きわずか43秒腕十字で秒殺勝利。

準決勝B
×入来晃久(チームレグナム) ポイント3-11 マイク・フォウラー(PUREBRED/ロイド・アーヴィン)○





決勝
×マルキーニョス(ブルテリア・ボンサイ) 腕十字 マイク・フォウラー(PUREBRED/ロイド・アーヴィン)○

マルキーニョス、ムンジアル(ブラジリアン柔術世界選手権)3位のマイクフォウラーを圧倒してポイント14-2と大量リード。
しかし試合終了までラスト20秒にクロスガードからの腕十字につかまりまさかの逆転負け。
惜しくも準優勝に終わりました。



アダルト茶帯無差別級決勝
○ジョナサン・トレース(Purebred/Lloyd Irvin) ? トニー・バックマン(HILTI BJJ)×



そして紫帯無差別級にはホベルト・ソウザが出場!
BTgym01 317


50人以上いるトーナメント、決勝までの5試合を圧倒的な強さで勝ち上がる。

そしてアダルト紫帯決勝
×ホベルト・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ) ポイント0-2 カシオ・シウバ(グレイシーバッハBH)○

決勝の相手はなんとスペルペザード級(100kg級)の世界選手権、パンアメリカン選手権、南ブラジル選手権の王者カシオ・シウバ。
わざわざアジア選手権のためにブラジルから招聘したとのこと。
激戦の末、一つの投げのポイントにより僅差のポイントで敗れ準優勝に。
ちなみにホベルト・ソウザはレーヴィ級(76kg級)、体重差25kgでしたが接戦だったようです。





ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔