English Portugues Japanese

2009年02月13日

「香港柔術Life Style」

香港でのブラジリアン柔術の普及のため孤軍奮闘する荒牧さんから近況報告が届きました。
香港での柔術事情や生活について非常に興味深い話が聞けました。
特に海外での柔術ライフに興味がある方は必見の内容となっております。
以下をご参照下さい。



新年あけましておめでとうございます。
ここ香港では、旧暦のお正月チャイニーズNew Yearの習慣があるため、一月の終わりの週(毎年変わります)は、ほとんどの会社やお店はお休みでした。

・旧正月2日目の新年を祝う花火。何十万人もの人で賑わってました。
DSC00825
DSC00825 posted by (C)チャケ
DSC00828
DSC00828 posted by (C)チャケ


まず最近、やっとサブミッション魂3という雑誌を見ることができました。
去年の八月に行われた台湾でのグラップリングの試合がDVDに収録されています。
鈴木章太郎さん、ありがとうございます。

試合では自分は、バレット吉田選手に見事に一本取られてしまいましたね。
それからしばらく僕等がやられた技を研究してみたのですが、これがどうして一筋縄では
行きません。得意技とはそういうものなのですね。

・台湾にて植松さんと自分
アイラス。また稽古付けてください。
DSC00183
DSC00183 posted by (C)チャケ


さて最近の自分の活動はといいますと、週4回スポーツセンター・それと週一回ずつ他の2か所のジムやキックジムでクラスを持っています。他に不定期でプライベートレッスンが入ってくるという感じです。それとキックボクシングとウェイトトレーニングを最近再開しました。
英会話スクールもやっと今月末からスタートです。
そして、昨年から継続して探していたジム物件なのですが、未だ発見することがでいません。。。。
約50件ほど回っていたのですが、なかなか納得できる部屋がでてこず、かなり焦っています。いえ、むしろ燃えつきそうです。(笑)
いやいや、炎のような意思で探したいと思います。

何としても1〜2ヵ月後には、新ジムをスタートさせたいですね。

なにしろジムがなければスポーツセンターを毎回ブッキングしたり、他のスペースを
借りなければなりません。
香港人や日本人、南アフリカ人の友人、そして、僕のクラスに来てくれている生徒さん、皆の助けのお陰で、自分はここまでこぎ着けました。
その恩を返すには、やはりいいジムをつくり、いい生徒さんを育て、柔術を香港で
広めることだと思っております。

そして、そのためしばらく海外の試合に出られそうもないのと、香港では柔術の試合が今のところ予定がないため、3月末ぐらいに行われる柔道の香港柔道選手権に出ることにしました。実は、先ほど書いた、今指導してるジムの一つであるキックジムのオーナーにデリックさんという方がいます。彼は、過去、柔道の香港選手権で優勝したり、キックや散打でも様々な大会で優勝している猛者です。今回、何とか試合したかった自分は彼の所属柔道道場から出場できることになりました。ありがとう、デリックさん。

香港一を決める大会ですので、秒殺されるかもしれませんんが、何事も経験ですので
これを後の柔術に生かせるようにチャレンジしたいと思います。
・デリックさんと試合会場にて
derek2
derek2 posted by (C)チャケ



さて、話は変わりますが、香港に来て経験したことです。
こちらでは高級料理店ではなく、普通の料理屋さんに入れば、まずその喧噪に驚く
はずです。
怒っているのかと勘違いするぐらい怒鳴るウェイター、ウェイトレス。
マシンガンのように喋りまくる隣のおばちゃん達。
たまにあまりよく洗われてないためか汚れがついたままの皿やはしが手元におかれる。
それをお茶を付け布巾で拭きとる自分。
注文を取る時に聞きにくかったり、分かりづらい場合は顔を思いっきりしかめられ、
「はぁ?」と言われる。
携帯電話でどこでもしゃべる。タクシー、バス、電車、病院(!)。
隙間があると列を割り込んでくる。
コンビニの兄ちゃんは携帯を話しながらレジ対応してる。そのタイミングで何か言うと舌打ち(笑)してから、面倒くさそうにやってくれる。
タクシーのおっちゃんは、三人に一人ぐらいは、行き先を告げても無言で、車を発車させる。聞こえてないと思ってもう一度いうと、聞こえてるよ、と舌打ちしてくれる。


でも、優しいひとが多いい。特に外人だからされているわけでなく皆にそうしてるので、
なれると腹が立たなくなってきます。
電車で老人がのってくると、すかさず誰かが必ず席を譲る。
最初は怖かったおっちゃん、
おばちゃんも何度も会って、挨拶してたら笑顔で応えてくれるようになった。
今は、注文も慣れてきて、怒られることはなくなり、逆に彼らは優しく接してくれるようになった。
ここは異国であり、なんでそんなことするの?という場面がいまでも多々あるが、僕は非常に香港というこの地が好きですね。

・UFC&PRIDEファイター 弘中さんが昨年の11月香港に来てくれました。
隣は僕と同じ名前の親友のマコトです。もうすぐ娘さんが2歳になるパパです。
素晴らしいことです。
057
057 posted by (C)チャケ

・ランカイフォンにて(六本木みたいなところです)。左側からクイントンさん、原さん、ブーシー。クイントンとブーシーは、ともに南アフリカ出身で現在impaktというジムでインストラクターをしています。
特にクイントンさんは2年間、横浜で暮らしていた経験もあり、日本好きの
ナイスガイです。日本でプロの総合で何度か試合もしております。
R0016434
R0016434 posted by (C)チャケ
・クラスの風景と新年の食事会風景です。
彼らのお陰で、今も香港でBJJを楽しんで行えています。


・香港のローカル料理です。
中央の四角のものは、豚の血を固めたものです。
以外においしいです。左側の皿は、小ぶりなカキと野菜のスープご飯です。
DSC00259
DSC00259 posted by (C)チャケ


・マンゴーパンケーキです。
僕の好物です。
DSC00283
DSC00283 posted by (C)チャケ

・蛇のスープと炊き込みご飯。
蛇は体を温める効果があるそうで、冬になると香港人は
よくこのスープを飲みます。蛇の肉の味は、鶏肉に非常に似てて、
食べやすくおいしいです。
DSC00695
DSC00695 posted by (C)チャケ

・タンチャイという雲南米線のお店のメンです。
僕は一時、これにはまり、週5回ぐらい食べてました。香港中に
支店があります。ベースとなるメンと野菜にプラス自分で好きなトッピングを
注文するというシステムです。僕はいつも、レバーとイカのすり身団子を
選びます。
DSC00674
DSC00674 posted by (C)チャケ

・一月に行われた香港柔道組級比賽。
香港では黒帯以外でも柔道の大きなトーナメントがあります。
見学に行ったのですが、面白かったですね。
ちなみに、寝技の待てのスピードは最速です(涙)。。。
DSC00636
DSC00636 posted by (C)チャケ



・動画
・BJJriddim スポーツセンターでの練習風景

MOV00622 posted by (C)チャケ


・トラムからの風景

MOV00725 posted by (C)チャケ

・上環を歩きながら

MOV00726 posted by (C)チャケ


荒牧誠



ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔