今月、来月と浜松でブラジリアン柔術大会が開催されます。

まずは来週末5月24日に浜松武道館で開催されるBJJFJ主催のブラジリアン柔術中部選手権大会。

エントリーリストがこちらにて発表されております。

おそらく過去最低の出場人数の少なさに衝撃を受けました。

ちなみにこれまで浜松で行われたブラジリアン柔術の大会では200〜300人前後の出場者がいました。


ここ1〜2年柔術関係者が集まると必ずといっていいほど話題に上がるのが連盟問題。
皆何とかしたいと考えながらもどうにも出来なく、ついにここまできたかという感じです。


選手たちが出場しないから悪いんじゃないか!という意見もあるかもしれませんが、それはお門違いです。

原因としてはまず連盟登録および更新の手間やコストに比べ、得られるものがあまりにも無さすぎるということではないかと思われます。

地方在住の普通の競技者が連盟の大会に出場するのは一年に一回あるかないかではないかと思います。
浜松を例にたとえるなら、出場したとしても中部選手権と全日本選手権です。
しかし実際全日本となると、地方から出場するにはいろいろな気合が必要なため、出たとして中部選手権だけでしょう。

それに対して連盟登録および更新へのコストの高さや手間の多さ出場費の高さで、出場したいと思っても途中であきらめてしまう選手が多いようです。

その壁を乗り越えやっと出場できたと思ったら、この出場人数の少なさで試合不成立となったら涙もんです。

BJJFJ主催大会の魅力であるステータスも、参加者の激減により落ちてきたように感じます。

登録したくなかったら登録しなければいい、のスタンスではつらくなってしまいます。

ここらで全国のブラジリアン柔術家達のことを考えて、今一度見直しを望みます。。。



また、話は変わり6月28日に同じく浜松市にある浜松アリーナにてヒクソンカップが開催されるのですが、ついに大会の概要が公開されました。

ricksoncup2009-1


概要はこちら
ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会

こちらも出場費はやや高いですが、それ以上に得られるものも多そうです。
もちろんヒクソンも来日するでしょうし、現時点で招待選手としてクロン・グレイシーやホブソン・モウラの名前が挙がっています。

かなりのビッグイベントになることが予想されます。

是非一見の価値ありです。


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com