English Portugues Japanese

2010年01月30日

コブリンヤインタビュー in TATAME

コブリンヤ ムンジアル決勝 VSフラザト
今回DEEP X 5に来日予定も怪我での欠場となってしまったフーベンス“コブリンヤ”シャーレス。
そのインタビューの模様がTatameのウェブサイトに公開されています。
そこでは今回のDEEPX欠場についても触れられています。

インタビューの模様はこちら

要約はこちら

ホイラー・グレイシーの成し遂げたムンジアル4連覇という偉業と並んフーベンス・コブリンヤ・シャーレス。
しかし彼はさらに上を目指します。
現在腰の治療を続け、ムンジアルとパンナムに向け100%のコンディション作りをしているコブリンヤ。
2009年はアリアンシの選手にとって激動の一年でした。
ハファエル・メンデスとの敗北、アメリカでの生活、MMAへ出場の可能性やブラジルへの帰国のことなどを語りました。


Q.2009年を振り返って如何でしたか?

私にとって2009年はとても良い年でした。
一切の不満はありません。
世界選手権とパン選手権を制覇し、ムンジアル4連覇という世界記録に並びました。


Q.あなたは世界選手権を獲りましたが、ADCCで敗れました。それについてどう思いですか?

私はパン選手権と世界選手権を獲りとても良い時を過ごしました。
私は選手にとって敗北は普通の事だと思います。
もちろん負けが好きな人は誰もいません。
しかし時には敗北も認めなくてはいけません。
ADCCの決勝では40分間の死闘を繰り広げました。
もしそこにあなたがいたのならとても良い試合を見れたと思います。
40分間お互いに攻め続けたので、私にも彼にもチャンスはありました。
ただ私はそのチャンスをものに出来ず、彼がそのチャンスを勝ち取りました。
私はハファエルにおめでとうと言いたいです。
私はADCCにむけたくさんのトレーニングを積みました。そしてベストを尽くしました。
私が言えるのはそれだけです。
弁解しません。


Q.あなたはヨーロッパ選手権に出場しますか?

ヨーロッパ選手権は出場したいと思っていました。
それと同時に日本で2月にスーパーファイト(DEEPX)を行う予定でした。
しかし全てキャンセルすることになってしまいました。
私は昨年のパン選手権前に腰に障害を抱えました。
その後悪化し練習を続ける事が出来なくなりました。
世界選手権とパン選手権のために現在治療に専念しています。


Q.2010年の予想を聞かせてください。

私はいつも自分がしたいと思ったことは達成できると信じています。
2010年もいつもと変わりません。
もし成功したのならば、それは自分の努力の結果でしょう。


Q.あなたはアメリカの大会を制覇できる可能性はありますか?

私はそのチャンスはあると思います。しかしそれは簡単ではないでしょう。もちろん全ての選手たちもそれを狙っていますので、タタミの中で結果を出すだけです。


Q.あなたにとって最大のライバルとなるのは誰だと思いますか?

それが誰だと定めるのは非常に難しいです。私の出場するペナ級には素晴らしい選手がたくさんいます。


Q.あなたは今年ハファエル・メンデスとの対決で何を待ちますか?

私にとって非常に厳しい戦いになると思います。
彼は簡単な試合はさせてくれないでしょう。


Q.あなたは去年MMAに出場すると言いましたが実現されませんでした。それは何故ですか?

私はまだリングに上がる準備が出来ていません。
まだ現在MMAの練習が出来ていません。
まだキモノで闘いたいと思っています。


Q.あなたは今年MMAのリングに出場する考えはありますか?

わたしはいつもMMAの試合をしたいと思っています。
しかしいろいろなMMAに出場した人たちと話をし、現在の結論になっています。


Q.アメリカでの暮らしは如何ですか?

私にとってアメリカでの生活はいいものではありません。
何もかもが非常に難しいです。アメリカではブラジルの全てのドキュメントは無駄になります。
さらに私は英語を話せませんでした。
しかし私は勉強を続けていつか英語をマスターするでしょう(笑)。



Q.あなたはいつブラジルに戻るのですか?

まだ今年ブラジルに帰る正式な日時は決まっていません。
しかし私は確実に帰ります。
ただいつかは分かりません!
私はブラジルで大会が近い日に帰国したいと思っています。
ブラジルでの試合が非常に懐かしく思い、友達にも会いたいです。


Q.最後にこのインタビューを見ている人たちへのメッセージを。

OK。ます最初に私を応援してくれる全ての人たちに感謝したいです。
みんなの応援が私にとって一番のメダルであり、トロフィーでもあります。
そして私のスポンサーである“KEIKO”と“ブルテリア”に感謝しいます。彼等はいつも私を信じてくれています。
そして“Dra”にも感謝したいです。
それと“Deborah Person”と”Aaronも。彼等は私の健康管理をしてくれています。
全ての人に感謝します。



コブリンヤのウェブサイトはこちら
http://www.rubenscharles.com/


ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com


ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト
au専用サイト



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ファブ   2010年01月31日 17:53
いつかコブリンヤの試合を日本で見てみたいものです。ヒクソン杯あたりに来てくれれば…今年のムンジアルも優勝してほしいですね。
2. Posted by ブルテリア坂本   2010年02月01日 13:31
最後の来日以来、何度も招聘の働きかけをしており、今回やっとのことで実現にこぎつけました。
しかし結局ギリギリのところで流れてしまいました。
現在アメリカでも超多忙でギャラも高騰してしまっているので、残念ながら当面の間来日する望み薄そうです。
3. Posted by ブエンテイロ   2010年02月01日 14:17
来日して欲しい反面、日本人選手では全く相手にならないので、トップクラスのブラジル人が同時来日しないと好試合を望むべくもないですね。

ブルテリアさんにはネクストコブリンヤ、ネクストメンデスを発掘&スポンサードしていって欲しいです。
4. Posted by ブルテリア坂本   2010年02月01日 18:22
たしかに対戦相手が非常に難しいところです。

また、次世代のブラジル人柔術選手を現在何人か目をつけておりますので、次回大会の際にはその選手を招聘したく思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔