English Portugues Japanese

2010年05月25日

香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 初日 / 荒牧誠

香港でのブラジリアン柔術普及に尽力している荒牧誠氏より、レポートが届きました。
今回はフィリピンでの大会編を2回にわたりお届けいたします。

ちなみに過去のレポートはこちら

香港柔術ライフスタイル3/荒牧誠

「BJJ Life Style HongKong Part2」 with 荒牧誠

「香港柔術Life Style」



香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 初日
PAN ASIAN INTERNATIONAL GI&NO-GI TOURNAMENT


フィリピンの試合より先週、戻ってまいりました。

残念ながら、黒帯エントリーが自分一人だったため、僕自身は試合ができませんでした。
(当日の朝に会場で初めて知りました。。。。)

試合ができなかったのは、非常に残念です。
しかし、HKKJJ香港柔術から3名が入賞することができました。それは本当に嬉しかったです。
そして、大会自体は非常に楽しめるものでした。そして、フィリピンでのBJJの普及とレベルの高さ
を直に感じることができたのは、非常に有意義な経験でした。


遅くなりましたが、フィリピンでの試合のレポートをしたいと思います。
今回Hongkong Jiu-Jitsuより、僕を入れて9人での挑戦でした。


出発前に空港のレストランにて、御覧の自信満々のIsaac。

IMG_1060




常に髪の毛が長すぎるので切れといっているのですが、頑なに切らない男、
ハイタワーJames。

IMG_1061




最近、女性人気高し、その切れ切れbodyと甘いマスクで優勝を狙う
Ryan。

IMG_1062




HKJJの最強の弟子、Benny。最近は似てないですが、一時期、小室選手
に非常に似てました。

IMG_1063




密かに自信を覗かせているMing。最近メキメキと実力を付けてきた
努力の男です。

IMG_1064




BJJFP(Brazilian Jiu-Jitsu Federation of Philippines)の代表であり、自身のジムKMA Fitness&Martial Arts
をフィリピンで主宰するStephen Kamphuis先生。
フィリピンのBJJのキーマンであり、今回の大会もメインレフリーとして、しきっておられました。 

IMG_1075




写真を撮り忘れてしまいましたが、久しぶりにジョン・バイロンさんともお会いできました。
相変わらずのハイテンションと達者な日本語と笑顔に癒されました。
ちなみにジョンさんを知らない方のために、説明です。
ジョンさんはフィリピン柔道界の英雄です。柔道6段(赤白帯)、オリンピック出場2回、東南アジア選手権9回優勝(ちなみに最新の優勝歴は今年か去年だったと思います。)、Asean優勝6回、World Masters Judo 3位、Asean Games3位、現在44歳ですが、今だ現役バリバリです。
柔術では、アカデミアAzとJFTで共に練習させて頂きました。昨年、僕の先生でもある和道さんより
柔術黒帯を授与されました。


今回は弟子の女の子が出場していたので、試合前に、
バシバシその子とマットエリアでスパーしていましたね。

3





Team VPFの代表であり、ラルフ・ゴーの盟友、アリ。
今回は彼のteamに最終日にお邪魔しました。詳細は後ほど。

IMG_1076




試合は、3面取られていました。初日は、吹き抜けた広場のような場所で行われました。
ちなみに、このSM MALL OF ASIAという場所はアジアの中で1、2番目に大きい
ショッピングモールだそうです。
要するに六本木ヒルズより全然大きくて有名な場所で、試合をやったわけです。
日本や香港では、とても借りられないでしょうね。羨ましい。。。

IMG_1083




ちなみに余談ですが、僕らの泊まっていたホテル(Dusit Thani Manila)のすぐ近くに、
やはりSM MALLというのがあり、完全にここだと思ってたので、当日の朝、違いに気づいて、慌ててタクシーで試合場に駆けつけました。(笑)
そしたら、まだまだ長蛇の列で、受け付けをやっていて助かりました。
ビバ海外ペース!!
今後、フィリピンで試合される方は気を付けて下さい。
ちなみに、この写真の場所は本物のSM MALL OF ASIA。

IMG_1085




違う角度から。かなか壮観な眺めです。

IMG_1131




観客が埋まりだしました。

IMG_1090






ブルテリア道着集。黒い三連星。

IMG_1100





試合が近付いてきて、久しぶりにガチな表情になっているIsaac Ken。

IMG_1095




BJJ初試合の牧野さん。初試合が海外ですが、落ち着いています。
ちなみに、牧野さんは現在中国の深セン在住で、片道約2時間掛けて、HKJJ香港柔術に週2回〜3回
練習に来てくれています。本当に頭が下がりますね。ありがとうございます。
日本で暮らしていた10年くらい前に木口道場に通われていたそうです。

IMG_1096




こちらも初試合が海外の堀さん。堀さんは僕と同い年で30歳で、格闘技経験はもちろん、
今までほとんどスポーツ経験もありませんでした。初めは練習でゼーゼー言われてましたが
最近は、どんどん自分から動くことができるようになりました。
牧野さんと違って、とても緊張していました。

IMG_1097




初日も2日目も何故か呼び出し係と試合エリア内スタッフは女性陣で行われていました。
(*エリアの出入り口は、2人の男のガードマンがついていました。)

IMG_1108




さてここから試合になっていくわけですが、セコンドに必死で試合中の写真がほとんどありません。
お許しください。
まずRyanは、初戦はパスガードを決め、そのまま相手をコントロールし続け、快勝。

IMG_1125




ちょっとシャッタータイミングがずれたため、あまり伝わりませんが、
やせマッチョをアピールするRyan。

IMG_1140




これもお決まりか。。。海外試合名物、永遠と試合を待たされる選手たち。
完全に遠くを見つめ出したDaris。
彼については後ほど詳しく。

IMG_1147




午後になり光がさしてきたマット上。
Bennyが友人でもある九龍柔術のLeoと試合です。

IMG_1144





大分疲れてきたHKJJメンバー。

IMG_1150




疲れがMaxに達していた初日のトーナメントの終盤、既に周りは真っ暗です。
そこで突如、花火が始まりました。
これは、かなりテンションが上がりましたね。
花火の横でBJJの試合というのは、非常に格好よかったです。
これはぜひ皆さんにもこの雰囲気を味わってもらいたいです。
日本か香港でも、どなたかやってもらえないでしょうか?
これがその時の映像です。
若干、僕の声がうざったいかもしれませんが、許して下さい。(笑)





しかし、、、さっきのテンションはどこへやら。。。。
さらに峠を越えると人はこうなります。(笑)

IMG_1168




そして、表彰式が始まりました。
こちらは、同じく香港から来たシューこと、セルジオ・ブラガが率いるTeam Grips。

IMG_1176




Ryanは、青帯ペナ級2位で銀メダルをゲット(彼は本来ガロ級ですが、相手がいなかったため、2階級上で出場)。昨年の東京国際に続き、国際大会連続入賞です。
ちなみに、彼のこのポーズは、お尻の辺りに付けた香港柔術のパッチをアピール
してくれています。3位の位置にアリがいるのは代理で受け取りにきたからです。

IMG_1178




メダルを手にするRyan。彼は、東京国際の時に、いろんな先生からも評価が高かったです。
その時の決勝ではロータスパラエストラの選手と戦い敗れたのですが、八隅さんが非常にRyanを褒めてくれました。

IMG_1179




同じく香港より来た九龍柔術のForrestとMatthewが、青帯アブソで1位と3位をゲット。
かなりの熱い試合でした。

IMG_1183




Bennyは自分の階級ワンマッチを制して紫帯ペナ級優勝です。

IMG_1184




階級別は制しましたが、アブソ(無差別)でアリに敗れたため、少し浮かない顔のBenny。
大丈夫。また練習して挑めばいい。

IMG_1189




紫帯アブソ(無差別)。優勝はぶっちぎりでアリ。全て一本勝ち。
彼はフィリピン柔道のナショナルチームのコーチでもあるので、立ち技、寝業
共に隙がありません。強かったですね。次は日本かアメリカでの試合が見てみたいです。
ちなみに、Bennyの隣で、やはり3位入賞したのは、九龍柔術のHoin。
彼は白帯時代に、アカデミアAzで住みこみで柔術修行をしていました。

IMG_1193




という訳で、初日が無事終了しました。
2日目に続きます。

IMG_1190




香港柔術 荒牧 誠 MAKOTO ARAMKI

■□HKJJ HONGKONG JIU-JITSU BRAZILIAN JIU-JITSU ACADEMY
■□HKJJ 香港柔術 巴西柔術道場 ブラジリアン柔術アカデミー
■□Hongkong Kowloon Tai kok tsui BJJ Academy
■□香港九龍大角咀巴西柔術道場
■□Official Website:
広東語 version http://www.hkjj.com.hk/index_c.html
日本語 version http://www.hkjj.com.hk/index_j.html
English version http://www.hkjj.com.hk/index_e.html



ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト
au専用サイト





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔