English Portugues Japanese

2010年05月30日

香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 2日目 / 荒牧誠

前回の「香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 初日」に続き2日目のレポートです。


香港柔術ライフスタイル4 フィリピントーナメント編 2日目
PAN ASIAN INTERNATIONAL GI&NO-GI TOURNAMENT


さあ、2日目です。
今回は間違わず、SM MALL OF ASIAにタクシーで向かっています。
写真はフィリピンを走り回っている乗り合いタクシー的なバス。
ちなみに以前フィリピン在住であった会員さんに、旅立つ前にフィリピンのことをいろいろ聞いたのですが、危険度高し。南米の一部地域に行くのと同じ心構えで行った方がいいとのアドバイスを
受けました。お陰で危険な目に遭うことはありませんでした。
しかし、写真には撮れませんでしたが、タクシーからこの地域は、降りられないな〜、という場所は
確かにありました。

IMG_1206




近付いてきたSM MALL OF ASIA。
地球儀のオブジェが出迎えてくれます。

IMG_1213




駐車場もひたすらデカイです。

IMG_1215




ちなみに、中にはあらゆるものがありました。
スケートリンクもあったのにはビックリでしたね。

IMG_1216




SM MALL OF ASIAの周囲は、ちょっとカルフォルニア的な風景や道路でした。

IMG_1217




ちなみに、タクシーに乗ったら、必ず運ちゃんにメーターを押させましょう。
後で気づいても、5倍くらいの料金を要求されます。

IMG_1218




2日目は、Mall内のさらにショッピング色の強い、中心地で行われました。

IMG_1219




隣では日産(だったと思います)の車の展示会が。

IMG_1220




ルールミーティング中。
しかし、常々思うのですが、このルールミーティングはいかがなものかと思います。
というのは、サッカーや野球や空手や柔道の大会で、試合前にルールの説明会は絶対に行なわれていないと思います。無条件でルールを破ればファウルであり、失格にもなります。
しかし、それは選手も納得済みだと思います。しかし、柔術の場合、選手が「それは聞いてなかった、知らなかった」と、よく口にします。それでは競技に対する信頼が確立できないと思います。


ただ、理解できるのは、柔術の場合、大会ごとに特別ルール、特別カテゴリーが設けられるパターンが多々あるので、ある程度はしょうがないのかなともおもいますね。
世界で一つの競技、連盟、ルールがはっきりしてて、非常に分かりやすいのですが、、、、
いつかはそうなって欲しいですね。

IMG_1226




一足先に、香港に戻る堀さん。今日は試合なしなので余裕の表情です。
ちなみに、着用してるシャツがINSPIRITが出したUFC FAN EXPO T-シャツの黒。
前日はそれの白を着用していました。そんなミーハーな堀さんです。

IMG_1232




以前はMacau BJJで練習していたというグレイ。
Jamesと試合をしました。展開としては、Jamesが三角締めを極めかけるも、脱出したグレイ
は、そのままパスガードし、アームロックを極めました。
Jamesは残念でしたね。

IMG_1241




皆、何だこれは!といった感じでショッピングに来た人たちは、結構真剣に観てました。
昨日以上に沢山の人が観ていましたね。宣伝効果抜群です。
日本でもぜひやってほしいです!!

IMG_1250




何故かJamesは、負けたけど、この3人組みの女性選手達に写真撮影をお願いしていました。
この満面の笑顔に少しイラっとさせられるかもしれませんが、お許し下さい。(笑)
ちなみに、フィリピンの女性は結構この形のサングラスを掛けていました。
(試合前後の選手、呼び出し係の子、観客。流行ってるんですかね。)

IMG_1259




Jollibeeです。フィリピンのいたる所にあります。
どこも人気です。フィリピンでは世界では珍しくマックが結構苦戦してるみたいです。
Jollibee人気のせいなのかどうかはわかりませんが。

IMG_1260




Ryanは、NO-GIの無差別級にも挑戦。しかし、残念ながら初戦敗退でした。
相手は体格も顔もアレクシャンドレ・フランカ・ノゲイラに敗れました。
この選手が本当に強かったですね。レスリングも強くて自分よりデカイ選手を
タックルで抱え上げて、バッコンバッコン投げまくってましたね。

IMG_1265




前日に肩を捻って、一瞬脱臼をした牧野さん。(直ぐにハマりました。)
抑え込まれてるのに、子リスのような顔をして、動かずに僕を見てたので、どうしましたと聞いたら、
あの、肩が外れたみたいです。と返されたので、慌ててレフリーにストップと言いました。


しかし、それでもNO-GIの試合にも出場しました。(もちろん大事がないことを確認したから止めませんでした。)
男です。


試合は、立ち技の組手争いから、胴タックルから、外掛けでテイクダウンした牧野さんが、
相手のハーフガードの動きに合わせて、一気にフロントチョークを極めて一本勝ち!
その瞬間、いつもは常に冷静な牧野さんが、「よっしゃー!!」と絶叫しました。
こういう瞬間があるからBJJは、また最高ですね。
僕もそんな生徒さんの姿が見れて本当に嬉しかったですね。

IMG_1271



IMG_1286




RyanはNO−GI部門でも2位銀メダルを獲得!

IMG_1299




真ん中・最後のノゲイラ似の選手に腕を極められた際に、少し腕を負傷したRyan。
左・今回は、思うように動けなかったIsaac。次に期待ですね。
右・快心のシャウトとギロチンを極めた牧野さん。

IMG_1300




牧野さんはNO-GI部門で3位入賞。このメダルが最高に嬉しいです、としきりにおっしゃって
くれました。そして、子供にメダルと試合の写真を早く見せたいとも。
そんな戦うお父さんでもあります。
お父さんは強いんです。

IMG_1301




大会の翌日にはTeam VPFというアリとラルフ・ゴー(彼は今ブラジルで修行中)のジムの朝クラス
にも参加させてもらいました。


10:00−12:00という時間帯で月曜日にも関わらず、20人近くの生徒が練習に来ておりました。
ここでも、フィリピンでの柔術熱の高さを感じましたね。
今回の旅で香港は、まだまだBJJ発展途上地域であると感じました。


数年前のフィリピンでの競技人口とレベルを考えると、今回の体験は香港における自分の今後の活動の一層の励みになりますね。


Team VPFのアリと皆さん、ありがとうございました。




・朝クラスで、しかも大会翌日にこの人数は凄いです。

IMG_1302




・以前にもブログに登場したアリ。彼は身体が大きいですが、とんでもなくテクニシャンです。
そして、人柄も非常にいいです。
既に黒帯のトーナメントでも、勝てると思われる程強いです。(ちなみに彼は今現在、紫帯です。)

IMG_1303




・真ん中の子が、ナターシャ。以前香港旅行に来た際に、HKJJに毎日来てくれました。
柔術LOVEな子です。

IMG_1304




ところで、ダリスという香港人の生徒さんが、今現在、ヨーロッパを道着を入れたバックパック一つで回っています。
彼は物凄く責任感があり、常に香港で右も左も分からないチンピラの僕(笑)を助けてくれ
ていたナイスガイです。
彼は、旅立つ前は銀行員をしていました。
しかし、柔術に、そして様々な人に出会い、新しいことにチャレンジしたいと、
仕事を辞めました。そして、フィリピンの試合に出場し、その足でそのままヨーロッパに
旅立って行きました。


彼は今25歳で、色んな可能性を持っています。数か月の放浪の旅の後、帰国後にアメリカに渡り、
法律学校で学ぶ予定です。
彼なら、新しい人生を自らの手で切り開けるでしょう。


人生って、素晴らしいものです。BJJがなければ彼はこの決断をしなかったかもしれません。
どちらが良い悪いはハッキリ言ってないと思います。
ただ、自分探し、してます的な旅や選択ではないことは確かです。
(僕がこの世で最も苦手なもののひとつです。人生はよく旅に例えられますが、それは、自分から、
自意識からいかに自由になるかの旅だからこそ素晴らしいと思います。)

ただ投げやりでなく、誰かにおんぶにだっこでもなく、自分の力(勘違いではなく、実際に実力がある)で、
挑戦をすることにした若者が、僕は最高に大好きです。


そういう人間は称賛されるべきだと思います。
頑張れ!!ダリス!




右から3人目のメガネを掛けているのがDarisです。

IMG_1345




おまけ。滞在してたホテルのセキュリティー犬。
とても可愛かったです。暑い国の犬は皆このグデンと寝そべっているスタイルが見受けられます。

しかし、大きなバッグを持った客がくると、、、

IMG_1346





このように起こされて、お仕事開始です。匂いをかいでチェックです。
ワンちゃん、頑張っています。
ちなみに、フィリピンの公共の施設はほとんどセキュリティチェックがあります。
(空港では、2回チェックがありました。)
今でも、タクシーから降りられないというか、むしろ、タクシーの運ちゃんが行きたがらない
地域もあるそうです。旅行される方は、その辺を注意しながら楽しんでください。

IMG_1347




3泊4日の行程もあっというまでしたね。
とにかく今回、フィリピンの柔術レベルの高さを感じました。
アジアでは、日本に次ぎ2番手の位置まで来てるのではないでしょうか。


生徒さんも僕も沢山の経験を得ることができました。
これを有意義な経験であったと言えるように、これからやっていかねば、と思います。


ありがとうございました。そして、皆、いい試合でした。
お疲れ様です。試合に出る決意をし、試合場に立った時点で皆さんは勝者です。
ありがとう。

IMG_1348




香港柔術 荒牧 誠 MAKOTO ARAMKI

■□HKJJ HONGKONG JIU-JITSU BRAZILIAN JIU-JITSU ACADEMY
■□HKJJ 香港柔術 巴西柔術道場 ブラジリアン柔術アカデミー
■□Hongkong Kowloon Tai kok tsui BJJ Academy
■□香港九龍大角咀巴西柔術道場
■□Official Website:
広東語 version http://www.hkjj.com.hk/index_c.html
日本語 version http://www.hkjj.com.hk/index_j.html
English version http://www.hkjj.com.hk/index_e.html




ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com

ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンドウェブサイト
ブルテリアセカンドサイト
ブルテリアセカンド携帯サイト
au専用サイト




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔