English Portugues Japanese

雑記

2008年12月01日

ブラジリアン柔術アジア選手権雑感

長かった2日間の大会も終わりました。
国内だけで千数十名のエントリーで海外のエントリーを入れるとおそらく1300〜1400名規模の大会となりました。

思ったことはとにかくレベルが高い!
アジア選手権だから当たり前だと思うかもしれませんが、思う以上にレベルが高かったです。

青帯〜茶帯の中にも全日本王者はもとより世界王者やブラジル王者、プロ格闘家や柔道等他競技のトップ選手たちが混じっており、全日本チャンピオンが途中で敗れ、さらに全日本王者に勝った選手も他の選手に敗れるという結果も見受けられました。

それもそのはず、この大会のためにわざわざブラジル、欧米、アジア各国から気合を入れて数十万という高い渡航費や滞在費を払って来ている選手、
日本国内の選手にいたっても地方からはるばる、遠くは北海道や九州から飛行機に乗ってきていたりと、今大会に賭ける気持ちは半端ではなかったかと思います。
選手たちは大会までの数ヶ月を厳しい練習に耐え、さらに過酷な減量や誘惑を断ち、多数の犠牲を払っての出場だったかと思います。

あのレベルの中で一試合勝つだけでも賞賛に値すると思います。

出場選手や関わった方々、本当にお疲れ様でした。




20081130 001
黒帯ペナ級一回戦 廣瀬貴行VSマウリシオ・ソウザ
出場選手8人の内、ブルテリアのスポンサーは両者のみ。
皮肉にも一回戦で今階級唯一のブルテリアスポンサー選手同士の対決・・・。
勝利したマウリシオ・ソウザもこの一戦で全てを出し切ってしまったようで、ここでガス欠に・・・。

また、同階級優勝の中山巧選手には神がかり的なものを感じました。
詳細は後日のブラジルブログにて。


20081130 077
今大会ブルテリアチームとして全員優勝と自信を持って送り出した6人の選手達。
しかしアジア選手権の壁は予想以上に高く、優勝3人、準優勝1人、3位1人、2回戦敗退1人の結果。

マウリシオ・ソウザ 黒帯ペナ級3位
マルキーニョス・ソウザ 黒帯無差別級準優勝
ホベルト・ソウザ 紫帯レーヴィ級優勝・無差別級準優勝
フアン・カイオ 紫帯メジオ級優勝
フェルナンド・ヴァレンヴェン 紫帯メイオペザード級優勝
クレベル・コイケ 2回戦敗退

中でも一番結果を出したのはホベルト・ソウザ。
階級別、無差別級全10試合中8試合を一本勝ち。
しかも10試合中唯一失点を許したのが無差別級決勝で闘ったスペルペザード級のムンジアル、ブラジレイロ、パンナム王者カッシオ・シウバからのテイクダウンの2点のみという内容。




当ブログではアダルト黒帯各階級の結果とブルテリアチームに焦点をあてて掲載いたしましたが、ブラジルブログにてアジア選手権全容の大会レポートが随時掲載されていくかと思います。
是非ご期待頂けましたら幸いです。



ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com



2008年06月01日

イザッキ・パイヴァ

36df9be9.jpg昨日ブログにて紹介しましたイザッキ・パイヴァ(Isaqui Paiva)が、明後日ブラジルに帰国するとのことで、帰る前に当店で是非記念撮影したいと本日再度アサォン柔術代表のエジソン・サルマンと共に当店を訪れました。

ということで当店の外で柔術衣を着て記念撮影。
帰国したら早速この写真をブラジルのジャーナルに送ると言っていました。
とてもナイスガイでした。


イザッキは金銭的な都合とVISAの問題でアメリカで開催されるIBJJF主催のムンジアルには出場出来ないとのことでしたが、ブラジル・サンパウロで6月17日〜20日に開催されるCBJJE主催ムンジアルには出場するとのことでした。


是非ご活躍をお祈りしています。
Vai com deus!!(神のご加護を)


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト


2007年10月05日

PRIDEと柔術と当社

f65b777a.jpg昨日のニュースでついにPRIDEの解散が発表されました。

発表記事に関しましてはこちらをご参照下さい。
今か今かと思っていたのですがついにです・・・。
非常に残念ですが、あのまま飼い殺し状態が続くのであれば、ここで一旦けりが付いてよかったかとも思います。

前回のメルマガにて書いたコラムの内容が非常に今回のニュースとタイムリーだった為に内容が重複してしまっていますがご了承ください。

今の柔術人気があるのも、当社の存続があるのもプライド無しでは語れないかと思います。

よく、日本のブラジリアン柔術の発展に貢献したのは誰だという話題がもちあがる事がありますが、自分は一番貢献していたのはプライドではないかと思っています。
現に当店のお客様でも、プライドでブラジリアン柔術に興味を持ち習い始める方が圧倒的に多かったからです。
やはりメディアの力は偉大です。

プライドが始まる以前は「ブラジリアン柔術、なんだそりゃ?グレイシーか?」という反応も、プライドでミノタウロやアローナ等が活躍しだして一気に日本でのブラジリアン柔術の知名度があがりました。

今年に入ってプライドが休止状態となりメディアへの露出も減った為、若干柔術界も盛り下がっているように感じます。

「俺は柔術家だから総合なんて関係ない!」と選手は言うかもしれませんが、周りにまわって関係してくることは間違いないかと思います。

総合で活躍する柔術家達がいるから柔術界が盛り上がるというのを忘れてはいけないと思います。

その大舞台がなくなってしまったことが非常に残念でなりません。

しかしながらこれだけの需要があるのであればPRIDEに変わる新しいイベントが立ち上がると確信しています。

当社も今後の日本格闘技界の復興のため、微力ながらも当社で出来ることをしていくつもりです。






2007年03月12日

KFの柔術衣

4ac6e85e.jpgKF柔術衣ですが某有名選手がベストオブキモノと評したほど良い柔術衣です。

襟とズボンは掴みづらいように改良されており、スタイルは細身で格好良いです。

過去にVitamins&MineralsやMMA、HUNTERといった人気有名メーカーは皆ベースにKFを使用していました。

ちなみにブルテリアのKINGモデルもKFベースです。

ズボンですが、以前はシングルは薄手の生地、ゴールドは厚手の生地を使用していましたが現行モデルではシングル、ゴールドともに厚手の粗目生地を使用しています。
※写真参照

このモデルがとても定評が有り、ローライズのスタイルで、機能としては掴みづらく、また掴まれてもきりやすいです。

ただしデメリットとしては洗濯縮みがはげしいということです。

収縮率は10%くらいあると思われます。

しかしそれを踏まえても人気が高いので是非お薦めしたいキモノです。

2007年02月14日

New Items Coming Soon!

RE
ブログでこっそり告知です。
新作入荷間近です。
乞うご期待ください。

2007年02月13日

ブラジルブログSTART!

ブラジルブログ
ブルテリアブラジルブログがスタートしました。
http://blog.livedoor.jp/btbrasil/
コアな情報をお届けしていきますので是非チェックしてみてください。

2007年02月04日

キモノ襟

今更ながら、ブラジリアン柔術衣(キモノ)相当格好良いです。
柔術をはじめたいと思う理由の一つに挙げても言い過ぎではないと思います。
ただ、はじめはその種類の多さにどれを選んでいいかわからないという方も少なからずおみえになると思います。
当ウェブサイトでも詳細情報をご案内しておりますが、キモノをお選びいただく際特に気になるのが次の点です。

1.形
2.重さ
3.素材
〔1番〕がやはり一番気になるところで、いくらデザインが格好良くても自分の体型に合っていなければ残念ながら使い勝手が良くありません。
〔2番〕は試合の際に重要になります。(もちろん好みの問題もあります)
減量がある方は出来るだけ軽いキモノを着用して計量に望むのが一般的になってきています。
逆に体重で不利な方はガチガチの鎧系を着用して体重差をカバーするような事も出来ます。
そのような理由で練習衣とは別に試合専用のキモノをお持ちの方も多いかと思います。
〔3番〕を気にされる方は、もう何着も使い込んでご自身のお好みがハッキリとわかっていらっしゃいます。
ここまで来るとキモノへの愛着もひとしおです。
そうなってきますと襟の厚さや硬さ等も更に気になってきます。
そこで、今現在あるキモノの襟を計測して5段階の数値で表してみました。

続きを読む

2007年02月03日

KIMONOシリーズ

海外製品を取り扱っていますと、時々思いもよらない斬新なアイテムを目の当たりにすることがあります。
カルチャーショックを受けたのがキモノ生地製品です
キモノリュックやバッグもそうですが、驚く事に手帳まであります。
何でも製品化してしまう強かさには脱帽してしまいます。
こんなものがありますよ

アタマキモノリュックブルテリアキモノリュックファイターキモノ手帳ウォーキモノマスコット







先日入荷したLUCKY GIもすばらしかったですね。
キモノの固定概念を打ち消すようなインパクトがありました。
限定モデルなのでお持ちの方は羨ましい限りでございます。
私共も大いに見習い新製品の開発に努めていきたいと思っております。

ブルテリアPCウェブショップ
ブルテリア携帯ウェブショップ