ブルテリアブログ

総合格闘技とブラジリアン柔術専門店ファイターズショップブルテリアが発信する新入荷情報や格闘技情報、ショップ情報等。

カテゴリ: テクニック

今月はサイトリニューアルの影響でブログ更新が停滞気味で申し訳ございませんでした。

今回は商品の紹介をさせて頂きます。
当社からリリースされているDVDシリーズ。
当店のDVDシリーズは価格、内容共に自身を持ってお勧めできる商品だと自負しております。
中でも当社としてもっとも自信を持ってお勧めするのはこちらです。

f8e914bc.jpg
コブラ柔術 3990円(税込み)

テクニックははっきり申し上げまして、かなりの上級者向きです。
これから柔術を始められる方や、まだ始めたばかりの方にはお勧めできません。
しかし、柔術で上を目指しているのであれば、かならず見て損はないかと思います。
この価格でこの内容は他社のDVDではありえないかと思います。
もしご購入がまだの方は是非ご検討下さい。


収録時間77分。新世代ブラジリアン柔術統一世界王者の業を解説。
中〜上級者向き。

大好評の前作・コブリンヤ柔術の第2弾がはやくも登場!

王者フーベンス・シャーレスが2006年に圧倒的な強さで優勝した二つの世界選手権で使ったテクニックを全て紹介している

今までのテクニックとは一味違う最先端のテクニックを徹底解説

インタビューやプライベート映像・スパーリング等の特典映像収録

■クロスガードを攻略 クロスガードに対するパスガード/クロスガードに対するエリを使ったパスガード

■クロスからの攻め クロスガードからスイープして腕十字1/クロスガードからスイープして腕十字2

■担いでパスガード かつぎのパスガード/テレレパスガード/かつぎからバックポジション

■かつぎパスのカウンター かつぎパスガードに対するバック/かつぎパスガードに対するスイープしてニーオンザベリー/かつぎパスガードに対するバック2

■亀を攻略 亀を崩してサイドポジション/亀を崩してバックポジション/亀を崩してバックポジション2/亀の相手に対するアームロック/亀の相手に対する腕十字/亀の相手に対するチョーク

■オープンガードを攻略 オープンガードに対するパスガード/オープンガードに対するパスガード2/オープンガードに対するパスガード3/オープンガードに対するパスガード4/オープンガードに対するパスガード5/スパイダーガードに対するパスガード/スパイダーガードに対するパスガード2/スパイダーガードに対するパスしてバック/スパイダーガードに対するパスしてバック2

■スパイダーガードで攻める スパイダーガードからバック/スパイダーガードからデラヒーバへ移行してスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ2/スパイダーガードからパスカウンターオモプラッタ

■クロスガードで攻める クロスガードからの三角絞め/クロスガードから腕十字固め/クロスガードからのブラボーチョーク/クロスガードからのブラボーチョーク→腕十字固め/フックガードからバック/フックガードのスイープ

■ハーフガードを攻略 ハーフガードに対するパスマウント/ハーフガードに対するパスガード/ハーフガードに対するパスガード2/ハーフガードに対するブラボーチョーク/ハーフガードに対するブラボーチョーク2

■極め ブラボーチョークからバック/サイドポジションからの絞め/サイドポジションからの絞め2/サイドポジションから腕十字/サイドポジションからカンバリョッタチョーク

■アクロバティックに攻める アクロバティックなパスガード1(マカキーヨ)/アクロバティックのパスガード2(アウー)/アクロバティックのパスガード3/カポエラ式オモプラッタ(ビッコ ジ パパガイオ (オウムの口)/シッティングガードに対するバック

■スパイダーガードで攻める 26スパイダーガードからバックポジションで送り襟絞め/スパイダーガードからデラヒーバへ移行してスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ/スパイダーガードからXガードスイープ2/スパイダーガードからパスカウンターオモプラッタ

■クロスガードで攻める クロスガードからの三角絞め/クロスガードから腕十字固め/クロスガードからのブラボーチョーク/クロスガードからのブラボーチョーク→腕十字固め/フックガードからバック/フックガードのスイープ

■ハーフガードを攻略 ハーフガードに対するパスマウント/ハーフガードに対するパスガード/ハーフガードに対するパスガード2/ハーフガード相手にに対するブラボーチョーク/ハーフガードの相手に対するブラボーチョーク2

■極め ブラボーチョークからバックポジション/サイドポジションからの絞め/サイドポジションからの絞め2/サイドポジションから腕十字/サイドポジションからカンバリョッタ絞め

■アクロバティックに攻める カポエラパスガード1 マカキーヨパス/カポエラパスガード2 アウーパス/ヘッドスプリングパスガード/カポエラ式オモプラッタ(ビッコジパパガイオ)/シッティングガードに対するバック

フーベンス・コブリンヤ・シャーレスRubens "Cobrinha" Charles (アリアンシ柔術)

165cm 68kg 黒帯 ペナ級

ブラジリアン柔術統一世界王者。わずか5年で黒帯世界王者に登りつめた異例の天才柔術家。2006年に行われた世界選手権コパドムンドでは全試合一本勝ちで優勝、翌週開催された世界選手権ムンジアルでは、決勝戦以外をオール一本。決勝戦こそ一本勝ちを逃したが、マーシオ・フェイトーザを圧倒的なポイント差で破り、見事統一世界王者に輝いた。

2006年の世界選手権では元祖世界統一王者マリオ・ヘイスや前年度王者のフレジソン・パイシャオンが出場していなかった為、本当の意味での世界王者とは言い切れなかったが、2007年行われたアメリカナショナル選手権では、そのマリオ・ヘイスやフレジソン・パイシャオンの他に、昨年の同階級全米王者・プルーマ級現世会王者ビビアーノ・フェルナンデスが出場する中、見事優勝して真の最強の称号を手に入れた。

主な戦績2007年パンアメリカン選手権優勝2006年/ムンジアル黒帯ペナ級優勝/コパドムンド黒帯ペナ級優勝/コパドムンド黒帯無差別級-75kg優勝/コパブラジリア黒帯ペナ級優勝/コパブラジリア黒帯無差別級優勝/プロ柔術XGrand-Prix2006 優勝



ご注文はこちら
数量:




ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

7a3ad5d5.bmp2008年1月16日アメリカ・ノースカロライナ州にて行われた、グラップリングビッグイベント“バドワイザーカップ”の85kg以下級にフーベンス“コブリンヤ”シャーレスが出場し、3試合オール一本勝ちで優勝しました。

本来65kg〜70kgであるコブリンヤですが、アメリカでは層が薄くなかなか試合に恵まれないようです。
その為20kg重い階級である85kg以下級に出場したとのことです。


こちらから各試合の映像を見ることが出来ます。

フーベンス“コブリンヤ”シャーレス VS ライアン・ホール

フーベンス“コブリンヤ”シャーレス VS ライアン・L・アメラックス

ビデオを見て分かるとおりこれだけ体格差がある相手を制していくコブリンヤの動きは尋常でないです。
今年はMMAの噂もありますが、次回来日が楽しみです。
※今回も携帯からアクセスの方はビデオを閲覧が出来ません。申し訳ございません。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

前回に引き続きこちらもyoutubeに流出していた映像です。
こちらの映像は流出元がブラジルのアリアンシアカデミーによるものらしいので、おそらく特に問題視しないかと思います。
とりあえずせっかくですので販促に使わせて頂きます。

※音楽が流れていますが、後で編集されたものでオリジナルでは流れておりません。
※携帯からは閲覧できませんのでご了承ください。




プロ柔術Xのご注文はこちら

携帯からのご注文はこちら

コブリンヤ柔術DVDのテクニック映像がYOUTUBEに流出していると先日マルキーニョスから知らされました。

以前ブラジルでコブリンヤ柔術DVDのコピー商品が販売されており、たまたまコブリンヤがそれを見つけてすごく怒ったことがありました。

そのためコブリンヤがこのことを知ったらまた怒るだろうと思いすぐにYOUTUBEに著作権侵害のため消去依頼を出したのですが、書類不備で不可との返答がきました。

アップは簡単にできるのに対し消去するのに集める書類等がなかなか一筋縄ではいかなくYOUTUBEが問題になっている意味がすごく分かりました。

ということでそれまでの間は宣伝ツールとして反対に使わせていただくことにしました。

コブリンヤの極め極めスタイルを目指したい方は是非ご覧下さい。

※下記の映像では何故か音声がずれていますが発売中のDVDではしっかりあっておりますのでご了承ください。

※携帯からは映像を見ることが出来ませんのでご了承ください。



DVDはこちらからご購入することが出来ます。
ブラジリアン柔術テクニックDVD コブリンヤ柔術
ブラジリアン柔術テクニックDVD第二弾 コブラ柔術

携帯からアクセスの方はこちら
ブラジリアン柔術テクニックDVD コブリンヤ柔術
ブラジリアン柔術テクニックDVD第二弾 コブラ柔術

今回当日他の仕事が重なった為にCJCTに行けませんでしたが、写真を入手しましたので、これを参考に黒帯が実際試合で使っているテクニックを検証しようと思います。
まずは黒帯ペナ級1回戦マウリシオソウザVS荒牧誠戦です。





まずは、マウリシオが引き込みます。





Xガードのスイープです。
マウリシオはパスの印象が強いですが以外に下もうまいです。





マウリシオ足を回してコブリンヤスイープっぽい体勢です。





おそらくマウリシオがハーフガードの展開からもぐりこんでバックに回る動作をし、荒牧選手が立って逃れたところをバックにぴったりと張り付いています。





荒牧選手が胸を合せる動きをしているところをしつこく張り付いているような感じです。





ラペラを手繰って絞めを狙っている模様。





送り襟絞め狙いか?





絞めが入っているようにも見えますが、荒牧選手は両足フックを許していない為バックのポイントは入っていない模様。





ここで荒牧選手が一気に相手の方(右側)を向きハーフガードに戻す。





マウリシオ、スイッチしてます。





荒牧選手のハーフからのスイープ。





つぶしてさらにスイッチしています。





パスの際の攻防です。





ここもスイッチして反対方向に回りこんでいます。





そのままバック。





両足フックは残念ながら見えず。※両足フックが入らなければバックのポイントは入りません。





ここから再度一気に相手の方に胸を合わせハーフガードに戻す。
このあたりは荒牧選手の真骨頂。いつもはここからハーフガードのスイープにつなげます。





足を抜かれて際の攻防。
マウリシオはクロックチョーク狙いか?





後ろに引きずり倒しバックへ。





ついに両足フックが入った模様。





相手に体重を乗せ絞めている様子。





おそらく先程の画像でフィニッシュ。



このレベルになると当たり前のことなのかもしれませんが、パスは左右どちらからでもいける必要があるということですね。

マウリシオ・ソウザの試合は下記で見る事が出来ます。
DVD DEEP X

柔術魂3
次回他の試合もやっていきます。

f3790ce7.jpg今回はコブリンヤのグラップリングテクニックを紹介します。

2007年6月10日のZST、VS植松直哉戦で見せたテクニックの紹介です。

まずシッティングガードの状態から、


コブリンヤテク1


シングルレッグをとりにいきます。




コブリンヤテク3


相手がテイクダウンされないように前に体重をかけてきたら、すかさずバックにまわります。



コブリンヤテク4


このとき両手はしっかりとクラッチし、顔で相手の背中にプレッシャーをかけます。



コブリンヤテク5


両手のクラッチをタスキ掛けに変えて、飛びついて片脚を相手のそけいぶにかけます。



コブリンヤテク6



落とされないように左足を使ってコントロールします。



コブリンヤテク7


相手がバランスを崩して倒れたら
※倒れなくても可



コブリンヤテク7


もう片方の足もそけいぶにかけ、
片腕を相手の首に回し、



コブリンヤテク8



マタレオン(チョークスリーパー)で絞めます。





Special Thanks
講師
フーベンス“コブリンヤ”シャーレス(アリアンシ柔術)168cm 69kg
ブラジリアン柔術統一世界王者
受け手
ブルーノ“ブルニーニョ”フラザト(ゴドイ柔術)170cm 68kg
ADCCブラジル王者、ブラジリアン柔術ブラジル王者/世界3位


↑このページのトップヘ