English Portugues Japanese

Copa Aichi

2009年08月03日

コパ・アイチオープン ブラジリアン柔術大会 レポート

20090802 003
昨日2009年8月3日(日)愛知県半田市青山記念武道館におきまして、アジサプリメント主催によるブラジリアン柔術オープントーナメント大会「Copa Aichi de Jiu-jitsu 2009」が開催されました。

20090802 001
不況を吹っ飛ばすようなこの参加人数。


今大会にはチーム優勝がある為、TOKAIブラジリアン柔術&ハサ柔術が、カルロストヨタ柔術とJAWS柔術が連合を組んで出場。

20090802 002
チーム優勝のトロフィーや入賞者へのメダル。

20090802 013
試合前に円陣を組む各アカデミー。
ちなみに真ん中にある大きな輪がカルロス・トヨタ柔術とJAWS柔術の連合チーム。すさまじい人数です。


そして今回注目だったのはホベルト・ソウザが出場した紫帯メジオ級

20090802 082
計量では柔術衣込みで77kg、1kg落とせばレーヴィ級ですが本気の時しか減量しないようです。

20090802 084
4人トーナメントとなったこの階級、
1回戦を飛びつき三角から、

20090802 085
そのままスイープし、

20090802 087
上から極めて勝利。

20090802 090
決勝進出です。


20090802 109
そして迎えた決勝戦。まずはテイクダウンを狙うが、

20090802 110
相手が立ち技が上手いと見ると、すぐさま引き込み、

20090802 112
下から三角絞め。

20090802 113
これががっちりと入り勝利。

20090802 115
勝利後のパフォーマンスも決まっています。

20090802 116
ホベルト・ソウザ優勝。

20090802 132
「一体いつまで紫帯を締めているんだ?」と聞くと、「それは僕には分からないよ、決めるのは師である父アジウソンと兄マウリシオ、マルキーニョスだから。」との返答。
そこでマルキーニョスに尋ねると、「ムンジアル優勝の後に僕とマウリシオで父アジウソンにお願いをしたんだけど、もう少し待てと言われてしまったんだ。それから何回もお願いしてるのに未だに許可が下りなくて、マウリシオも父に対して怒っているよ。」との事でした。



そして今大会一番の注目だった黒帯賞金トーナメント。
出場者はレアンドロ・ヤマシタ、ペドロ・アキラ、エドモンド・カバウカンチ・ジュニオール、そしてマルキーニョスの4人。

20090802 159
まずは1回戦レアンドロ・ヤマシタVSペドロ・アキラはペドロ・アキラがパスガードを奪い3-0で勝利。


20090802 160
そして対抗枠が注目のカード。
マルキーニョスVSカバウカンチ。
マルキーニョスが小さく見えます。

カバウカンチは身長2M体重110kgの超巨漢選手で先日のヒクソンカップでも黒帯無差別級を優勝しています。

20090802 162
マルキーニョス、まずは引き込むも大きな体格と長い手足を生かした強烈なパスに大苦戦。

20090802 163
一度立ち上がり仕切りなおすマルキーニョス。
しかしこの体格差、立ちでもなかなか崩せずに苦戦した様子。

20090802 165
しかし試合が6分を過ぎた頃にマルキーニョスの背負い投げが炸裂、カバウカンチの大きい体が宙を舞います。

20090802 167
そこから、パスガード、ニーオンザベリー、マウントと一気に畳み掛けます。

20090802 168
さらに腕十字。

20090802 169
しかしディフェンス力の高いカバウカンチ、辛うじて逃れます。
ヒクソンカップ無差別級優勝は伊達ではないです。

20090802 170
もう一度立ちから仕切りなおし、

20090802 171
残り時間もあとわずか、マルキーニョスここからタックルを仕掛け、

20090802 172
片足タックルでテイクダウン成功。

20090802 173
パスガード、マウントとポイントを奪いさらにそこから、

20090802 174
一気に腕十字を仕掛け、

20090802 175
ここでタイムアップ。

20090802 176
最終的にはポイント22-0とマルキーニョスの圧勝。

20090802 177
お互い健闘を称えあいます。白熱した良い試合でした。

20090802 196
そして迎えた黒帯無差別級決勝、ペドロ・アキラVSマルキーニョスは同門の為同時優勝。

20090802 197
ペドロ・アキラが師であるマルキーニョスを
担ぎあげます。

20090802 202
黒帯無差別級賞金トーナメント
優勝 マルキーニョス・ソウザ
準優勝 ペドロ・アキラ
3位 エドモンド・カバウカンチ・ジュニオール
3位 レアンドロ・ヤマシタ


20090802 225
また、今大会MVP的な活躍を見せたクレベル・コイケ

20090802 233
まずは階級別を優勝。その後無差別級にも出場し決勝戦ではよくムンジアルなどで耳にする応援歌のクレベルバージョンが会場内に響き渡りました。

20090802 235
そして無差別級も優勝。
なんと階級別、無差別級の計7試合をオール一本勝ちで、同門のホベルト・ソウザを髣髴させるような神がかり的な強さを魅せました。

全体的にブラジリアンな雰囲気でとても良い大会だったと思います。
次回は12月13日に同会場で行われるようですので、是非今回見にいけなかった方や参加できなかったという方、次の機会をお見逃し無く。



ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店
ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト
住所:静岡県浜松市東区下石田町1782-1伊藤ビル1階
電話番号:053-421-2534
E-Mail:info@b-j-j.com